Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【FC東京】今夜、横浜FM戦。長谷川監督「持てる力をすべて出す」

配信

サッカーマガジンWeb

多摩川クラシコ大敗の翌日には気持ちを切り替え、横浜F・マリノス戦へ意識を向けた。敗れたのは「私の責任」と話すFC東京の長谷川健太監督は、再開後の3連戦の最終戦、J1王者との対戦に本来の姿で臨むと話した。 引き揚げる選手たちを迎える長谷川監督(写真◎小山真司)

中途半端はもういらない

「これは私の責任なんですが、行くのか行かないのか、何となく中途半端になってしまった」  指揮官は、川崎フロンターレとの多摩川クラシコでの敗因について「中途半端になった」点を挙げた。 「失点シーンはどれも安い失点で、そういうところがもちろん、失点につながるのですが、スローインのときの(マークする)選手の受け渡しであるとか。(レアンドロ・)ダミアンの懐に簡単にボールを入れさせてしまったところから始まって、2点目にしてもサイドで3枚が簡単にちぎられて、速いクロスの対応についても、いつもならできているんですが前回の試合はできなかった。  4点目も単純な折り返しのボールなんですが、少し集中力を欠いて、簡単に入れさせてしまった。前半、タイトに行くメンバーを集めたわけで、そういう選手たちにハードワークさせ切れなかったのは指揮官の責任。起用した選手の良さを出し切れなかった」  構えるべきか、行くべきか。技術力を備える川崎Fの選手たちにどういうスタンスで対峙するのか。その部分が中途半端になってしまった。結果、後手後手に回ることになった。本来の姿で戦うことができなかった反省を、横浜FMとの試合に生かすと指揮官は話した。 「今回は横浜が相手ということで思い切って飛ばしていきたいと思っています。われわれのアグレッシブさを出さなきゃいけない。とくに3連戦の3戦目なので、持てる力をすべて出して戦いたい思います」 「(ゲームのポイントは)奪った後だと思います。川崎戦と同様で切り替えのところ。一瞬のスキが明暗を分けると思っています。そういうベーシックなところが重要になる」  横浜FM戦では結果はもちろんのこと、大敗後にチームとしてどんな戦いを見せるのかも問われるだろう。注目一番は今夜、19時半にキックオフされる。

サッカーマガジン編集部

【関連記事】