Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【お住まい拝見】海を最大限に堪能! カリフォルニアスタイルの家

配信

沖縄タイムス

目の前に広がる海を最大限に生かし、憧れのカリフォルニアスタイルの家を建てた石井仁さん(47)。米西海岸を思わせる明るく開放的な空間で、自然とつながるスローな暮らしを楽しむ。 海を最大限に堪能! カリフォルニアスタイルの家 石井 仁さん宅 RC造/自由設計/家族5人  家と一緒に成長 糸満市の海岸通り沿いに建つ3階建ての住宅は、大きなサボテンの植え込みが印象的。杉板仕上げの壁をアクセントにした北東側にあるアプローチの奥には水盤があり、水音が心地よい。 1階にあるのは、車庫と寝室。アプローチ奥の水盤に面して地窓を設けた寝室は、「昼は日差しが当たった水面が天井に映り、キラキラときれい。夜は照明で、雰囲気がグッと変わる」と石井さん。明るいチークの床に、お気に入りのアメリカン家具が映える。 吹き抜けになった鉄骨製の階段を上り、3人の子どもたちの個室がある2階を抜けて3階へ。キッチン越しに飛び込んでくる、海と緑が織りなす眺めに目を奪われる。「朝、昼、夜で、海と空の表情が変わる面白さがある」 乾いた質感の木目を生かしたキッチンは、料理人である石井さんと、やちむんが好きな妻・佳奈さん(38)のこだわり。2人で立っても楽に動けるように考慮し、造作してもらった。冷蔵庫や家電は、見えないようにキッチン背後のパントリーに収めている。「慣れれば、行き来も苦になりません」と佳奈さん。  自然と一体になる ドライブ中に出合った海が見える土地にほれ込み、憧れていたカリフォルニアスタイルの家づくりを考え始めた。 ホームページの写真を全て見て、ここだ!  と訪ねた建築士事務所の姿勢に信頼を抱き、設計を依頼。「手持ちの家具を伝え、細かく、丁寧にやりとりを重ねて設計してもらった。イメージしていたより、もっとすごい家ができました」 360度見渡せる屋上でのひと時が、石井さんの大切な時間。「時間のストレスから解放され、自然のリズムと一体になれる。家は生きる基盤。手に入れてからが本当のスタートだと思う。家に手をかけることを楽しみながら、家族も一緒に成長していきたい」 ここがポイント  眺め重視 3階にLDK配置 敷地は、南に海を望み、北側は前面道路、東西は隣家に接する。区画整理地内にあり、地区計画条例により境界線から1メートル後退させ、建物の高さは10メートル以下という制限もあった。その中で、海が最大限に望めるようにするため、建物配置と各階で階高を変えることで、3階建てでLDKを3階に設ける設計を実現した。 建築士の知念映子さんは、「現地でドローンを飛ばして建物の配置を決定。おかげで南面だけでなく、西側に設けた窓からも、遮られることなく海を眺めることができるようになりました」と話す。 1、2階にプライベート空間、3階にパブリック空間を区分け。3階まで吹き抜けになった階段を囲むように回遊式廊下を設け、各部屋をつなぐ。階段の最上部、3階の天井に天窓を設けて自然光を取り込むのに加え、暗くなりがちな2階部分は西側に半戸外の中庭を配し、全面サッシで区切ることで明るさを確保した。「人が動くことで、階段を通して風も光も流れる。人の声、気配も家全体で感じられます」 3階のLDKは、キッチンを軸に会話と料理が楽しめる造り。南面は3メートルの天井高までの大開口にし、開放的な空間に仕上げた。 3階の回廊廊下上部の天井裏には、伸縮式のはしごが設置されていて、天井裏から屋上へアクセスする。「塔屋を設けないことでコストダウンをはかり、意匠性にも配慮しながら、屋上でも楽しみたいという思いもかなえることができました」。 DATA 家族構成:夫婦、子ども3人 敷地面積:240.26平方メートル(73坪) 1階床面積:62.72平方メートル(19坪) 2階床面積:53.44平方メートル(16坪) 3階床面積:62.72平方メートル(19坪) 建ぺい率:30.33%(許容60%) 容積率:66.19%(許容100%) 用途地域:第二種低層住居専用地域 躯体構造:鉄筋コンクリート造ラーメン構造 設計・構造:(有)アトリエ・門口 門口安則、知念映子 施工:(有)セイシン住興 高安弘樹 電気:(有)中原電設 池原啓太 水道:(有)ライフ工業 高山佳晃 キッチン:(有)MOV 照屋涼子 ◆問い合わせ先:(有)アトリエ・門口 電話:098・974・3554 https://kadoguchi.net 取材/比嘉千賀子(ライター) 撮影/泉公(ララフィルム)

週刊タイムス住宅新聞

【関連記事】