Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

僅か3年で消えたトヨタ異例の意欲作!! ヴェロッサが儚く散った理由 【偉大な生産終了車】

配信

ベストカーWeb

    毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。 【画像ギャラリー】これはまるでアルファロメオ…!!? トヨタ ヴェロッサをギャラリーでチェック!!!    時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。   しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。   訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はトヨタ ヴェロッサ(2001-2004)をご紹介します。

■21世紀セダンの旗手!!? チェイサー/クレスタの後継として登場したヴェロッサ

    当時のトヨタとしては異例の「デザインも走りもエモーショナルなセダン」を目指して作られたものの、いろいろ中途半端だったせいか、結果として発売からわずか3年弱で消滅したブランド。それが、トヨタ ヴェロッサです。   バブル景気にのって売れまくったトヨタ マークII/チェイサー/クレスタの3兄弟でしたが、バブル崩壊後は売れ行きが大幅に減少してしまいました。   そのため1990年代終盤にはさすがのトヨタも3兄弟そろっての継続をあきらめ、2000年にマークIIだけを9代目へとフルモデルチェンジ。  「7代目のチェイサー」と「6代目のクレスタ」は作られないことになりました。   その代わりとなる「ビスタ店扱いの高級車」として作られたのが、このヴェロッサです。   基本となるメカニズムは9代目マークIIと同じですが、ヴェロッサの内外装デザイン、特に外装デザインは、当時のトヨタ車愛好家が驚くほどの別物というか、別方向を向いたものでした。   フロントマスクはイタリアの「アルファロメオ156」を彷彿とさせるデザインで、前後のホイールハウス付近には独特のキャラクターラインが。   内装のデザインも「エモーショナルといえばエモーショナル」な感じであり、シルバー調の縁取りがされた楕円形のエアコン吹き出し口や、アルミのフットペダルやフットレストなどが特徴的でした。   搭載エンジンは3種類の直列6気筒で、基本となるのは最高出力160psの2Lハイメカツインカム1G-FE型。   そのほかに、可変吸気システムを採用して200psを発生する2.5L自然吸気直噴の1JZ-FSE型と、2.5Lインタークーラー付きセラミックターボで280psを発生させる1JZ-GTE型がラインナップされていました。   それらに組み合わされたトランスミッションは、2.5L自然吸気仕様が5速スーパーECTで、2Lと2.5Lターボは4速のECT-iE。   ただ、2.5Lターボには5MTの設定もありました。   その後、ヤマハがチューニングを施したターボエンジンを積む限定車を発売したり、2003年にはマイナーチェンジを行うなど奮闘したヴェロッサでしたが、販売が上向きとなることはなく、2004年4月には生産終了に。   3年弱のモデルライフを通じての総生産台数は結果として約2万4000台。   平均すると月販1000台にも届かないという寂しい成績を残して、ヴェロッサは静かに消えていきました。

【関連記事】