Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新鮮なイチゴを塩水に浸すと、小さな虫が出ることがある…?専門家に真相を聞きました

配信

ライフハッカー[日本版]

いま、TikTokにアップされたある動画(と、それについて書かれたBuzzfeedの記事)が、ネット界隈をザワつかせています。 その動画に映っているのは、塩水に浸した新鮮なイチゴから這い出てくる小さな幼虫らしきものです…。 これは本物なのでしょうか? 私たちは、中に幼虫がいるとも知らずに、トリプルベリーパフェをうれしそうに食べているのでしょうか? 果物は、もう二度と食べないほうがいいのでしょうか? これらの疑問に答えを出すべく、専門家たちから話を聞きました。 かいつまんで言うと、こうしたことが現実に起こる可能性はありますが、めったに起こるものではありません。 また、食品安全の専門家も、虫の専門家も、塩水で果物を洗うことをすすめていません。

動画の中で何が起きている?

この動画を撮影したKrista Torresさんは、「ボールに室温の水を入れ、そこにたっぷりの塩(大さじ5杯分ぐらい)を加え、イチゴを入れて30分ほど待ちました」と言っています。 イチゴから這い出てくる小さな白い幼虫らしきものに気づいたTorresさんは、これらが「オウトウショウジョウバエ」の幼虫であると結論づけました。 この動画だけでは彼女の特定が正しいかどうかはよくわかりませんが、これについてはのちほど詳しく。 ノースカロライナ州立大学の昆虫学者で、ベリー栽培農家の害虫管理も支援しているHannah Burrack氏によると、この「塩水に浸す」というテクニックは、生産者や卸売業者が、ベリー類の中にハエの幼虫がいないかどうかを確認するために使うものだそうです。 ベリー類は、生産者から、(パッケージングする)卸売業者、さらにそこからスーパーマーケットへと販売されていくのですが、「虫がいるのが判明したら、卸売業者は届いた果物すべてを生産者に送り返します」と、Burrack氏は言います。 出荷ごとのサンプルテストしかしないので、残り全部に虫がついていないという保証はありません。この確認作業の目的はあくまで、虫だらけのベリーがサプライチェーンに紛れ込んでしまう可能性を最小限に抑えることです。

【関連記事】