Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大塚家具が「ヤマダ家具」になる日 赤字77億円でも辞めない久美子社長の言い分

配信

デイリー新潮

 6月24日、大塚家具の代表取締役会長にヤマダ電機の三嶋恒夫社長を内定したと発表した。取締役にもヤマダから3人を迎え入れるという。大塚家具がヤマダ家具になる布石と見る向きは多い。なにせ、6月19日に発表された、20年4月期の単独決算では77億円の赤字である。これは大塚久美子社長にとって4期連続、しかも過去最大の大赤字である。ところが、それでも彼女は、社長を辞めるつもりはサラサラないようで……。 【写真】私は娘の育て方を間違えた! 「大塚家具」創業者が吐露した“親ばか” 悔恨記  ***

 まずは今期までの決算を見てみよう。

 今期の大塚家具は、これまでの12カ月決算と異なり、16カ月の変則決算だった。それゆえ、赤字を報じた新聞各紙も、過去と“単純比較はできない”と遠慮がちだ。だが、関係者はこう言うのだ。 「例年よりも4カ月も長い16カ月もありながら、売上が前期より25億円も落ちているという厳然とした事実があるわけです。売上が落ちているのですから赤字にもなりますよ」  業績の落ち込みについて、決算短信でこう説明している。 《店舗販売につきましては、閉店による店舗数の減少と新築まとめ買い需要依存度の高い大型店における入店件数、接客件数の低迷、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防の観点から一部店舗を臨時休業及び営業時間短縮としたこと、また、政府及び各自治体からの外出自粛要請もあり、春の最需要期の取り込みが想定を大きく下回ったことにより売上は低調となりました。以上の結果、売上高は348億55百万円となりました》 「決算短信には、今期の取り組みとして“リアルからバーチャルへの領域拡大の取り組み”や“BtoCからBtoBへの領域拡大の取り組み”など、1頁半にわたって長々と書き連ねているというのに、結論はたった4行。よほど赤字を新型コロナのせいにしたいようですね。でも、大塚家具はこれまでもコロナとは関係なく、売上を落としてきたわけです。今期について言えば、東京都がコロナにより不要不急の外出を避けるよう呼びかけたのは3月25日でした。それから4月末までのおよそ1ヶ月、多く見積もっても2ヶ月間の客足の減少が、なぜ16カ月間の売上減、大赤字の原因と言えるのでしょうか。そもそも、今年2月に公表された今期予想の修正案で、すでに66億円の赤字でした。まあ、そこから2カ月でさらに11億円も赤字が膨らんでいます」(同)

【関連記事】