Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「大企業でも3割超」新卒者たちが会社をサクッと辞めてしまう理由とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

新卒で就職した若者たちのおよそ3割が「入社後3年以内に離職している」という統計が出ています。若手社員たちをいかに会社に定着させるかは、多くの企業で課題となっていることでしょう。 今回は厚生労働省の統計結果をもとに、「新規学卒者の就職後3年以内の離職状況」についてみていきます。彼らがなぜ短期間で離職を決断してしまうのか、そんな理由についても考えてみましょう。 採用・人事担当者はもちろんのこと、各職場で人材育成に携わるみなさんが若手社員定着を促進するうえでのヒントになればと思います。

新卒者の離職状況

厚生労働省は、新規学卒就職者の離職状況に関するデータをまとめています。それによると、2016年3月に卒業した新規学卒就職者たちの「就職後3年以内離職率」は以下のとおりです(※)。  ・大学…32.0%  ・高校…39.2% さらに、これを事業所規模別にみると、以下のようになります。  ・1000人以上…大学25.0%、高校26.0%  ・500~999人…大学29.6%、高校33.1%  ・100~499人…大学32.2%、高校37.6%  ・30~99人…大学39.3%、高校46.0%  ・5~29人…大学49.7%、高校55.4%  ・5人未満…大学57.7%、高校64.9% (※)「新規学卒就職者の離職状況(平成28年3月卒業者の状況)を公表します」厚生労働省 次に「新規大卒就職者の事業所規模別離職状況」を参考に、大学新卒者の、就職後3年以内の離職状況についてみていきます。  就職後3年間の離職状況(大学新卒者)  ・2018年3月卒 大卒就職者数461,041人 1年目までに離職…53,326人(離職率11.6%)  ・2017年3月卒 大卒就職者数…458,500人 2年目までに離職…104,844人(離職率22.9%)  ・2016年3月卒 大卒就職者数…448,309人 3年目までに離職…143,360人(離職率32.0%) 新卒就職後3年以内までに離職している人の割合は3割を超えていることがわかります。この数値は例外というわけではなく、例年ほぼ横ばいで推移しています。 「新卒者の早期離職の確率はかなり高い」と考えてよいでしょう。では、若者はなぜ、せっかく入った会社を辞めてしまう傾向にあるのでしょうか。

【関連記事】

最終更新:
LIMO