Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「野村万作萬斎狂言会」ソーシャルディスタンス版開幕、野村萬斎「感無量です」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ステージナタリー

「野村万作萬斎狂言会 第25回記念 SD(ソーシャルディスタンス)版 振替公演」が、本日9月8日に大阪・大槻能楽堂で開幕する。 【写真】「業平餅」より。(撮影:吉川信之)(メディアギャラリー他6件) 「野村万作萬斎狂言会」は、野村万作、野村萬斎らが大阪で行っている能楽堂定例会。新型コロナウイルスの影響により、5月から9月に延期となった本公演は、“SD(ソーシャルディスタンス)版”と銘打ち、曲目・配役を一部変更したうえで客席数を半分以下に減らして実施される。演目には、万作による「芸話」、野村裕基による小舞「名取川」、萬斎と野村太一郎が出演する「清水」、そして萬斎が在原業平、万作が傘持、裕基が餅屋の娘を演じる「業平餅」がラインナップされた。 開幕に際し、萬斎は「コロナ自粛、非常事態宣言などを経て、やっと開催にこぎつけられた大阪公演。感無量です」と感慨を述べ、「閉じている毛穴が広がるような、発散と免疫力向上が期待される舞台芸術・エンターテイメントを、どうか皆様にも、直に! 生で! ご愛顧頂けますれば幸いです」とメッセージを送った。上演時間は休憩を含め1時間45分を予定。公演は明日9日まで。 ■ 野村萬斎コメント コロナ自粛、非常事態宣言などを経て、やっと開催にこぎつけられた大阪公演。感無量です。 閉塞感漂う世の中、勇気と覚悟を持ってご来場頂けるお客様のためにも、底抜けに楽しめる「清水」と「業平餅」を選びました。50%以下の入場制限下、お客様が入りきらないので、労力度外視して追加公演も敢行! 微力ながら、親子三代他一門の笑いの力で、皆さんに活力をとの思いです。 足を運びたくても、中々ご来場頂けないお客様のためにも、これからは解説付きで公演の配信なども行う予定ですが、やはりliveは最高! 閉じている毛穴が広がるような、発散と免疫力向上が期待される舞台芸術・エンターテイメントを、どうか皆様にも、直に! 生で! ご愛顧頂けますれば幸いです。 ■ 「野村万作萬斎狂言会 第25回記念 SD(ソーシャルディスタンス)版 振替公演」 2020年9月8日(火)・9日(水) 大阪府 大槻能楽堂 □ 「芸話」 出演:野村万作 □ 小舞「名取川」 出演:野村裕基 地謡:内藤連、月崎晴夫、深田博治、中村修一 □ 「清水」 出演:野村萬斎、野村太一郎 □ 「業平餅」 出演:野村萬斎、野村万作、石田幸雄、深田博治、中村修一、月崎晴夫、野村裕基

【関連記事】