Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍でもカローラが売れている! 半世紀の歴史を持つ老舗ブランドが今なお強い理由とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

1966年に初代がデビューして実に54年、現行型で12代目となる「トヨタ カローラ」。しかもただ歴史が長いだけではなく、世界累計4700万台以上というとてつもない台数を販売してきた大衆ブランドでもある。 ■オジサン車のイメージを払拭!? 今どきのカッコいいカローラを写真で見てみる コロナ禍の中でも販売台数を維持し続けるビッグネーム、カローラが売れ続ける理由とは。国内の需要を調べてみた。

トヨタの強さが目立つ2020年度の販売状況

■9月はトヨタ車でベスト5を独占状態に コロナ禍の影響をモロに受けた2020年度の国内自動車業界の中でも、トヨタ車は好調な売れ行きを示している。2020年4月から9月までの車名別販売ランキング※は1位がヤリス(ヤリス・ヤリスクロス・GRヤリス合わせ79400台)、2位がライズ(61035台)、3位がカローラ(55854台)と上位を独占。9月単月で見ると、1位からヤリス、カローラ、ライズ、アルファード、ハリアーと5位までを独占している状態だ。 2019年末から2020年にかけて新たに誕生したヤリスやライズの躍進ぶりも凄いが、老舗ブランド「カローラ」の安定感にも驚かされる。 ※自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)調べ[軽自動車を除く]

2020年から全店舗扱いとなった12代目カローラ

現行型の12代目カローラは、ハッチバックの「カローラスポーツ」が2018年6月に先行し登場し、その後セダンの「カローラ」とステーションワゴンの「カローラツーリング」が2019年9月に発売された。 保守的なイメージも強かったカローラだが、デザインを若々しく一新。プラットフォームやエンジンなども世界共通で新規開発されたこともあって、今回のモデルチェンジで全車が車幅1700mmを超え3ナンバー化している。ただし5ナンバーサイズの従来型「カローラアクシオ」(セダン)と「カローラフィールダー」(ワゴン)も、ビジネス用途向けに特化した廉価なグレードのみが残され併売されている。 なお2019年の発売当初は東京地区を除きトヨタカローラ店専売だったが、2020年からはトヨタの全販売チャンネルでの取り扱いとなっている。

【関連記事】

最終更新:
MOTA