Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【第104回インディ500速報】佐藤琢磨がディクソンの猛追を抑え2017年以来2度目の快挙を達成

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オートスポーツweb

 8月23日に決勝レースを迎えた第104回インディアナポリス500マイルレース。予選3番手フロントロウからスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、終盤トップに浮上すると、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)の猛追を抑え、日本人として初めてインディ500で優勝した2017年に続く、2度目のインディ500制覇を成し遂げた。 【写真】インディ500恒例の勝利のミルクを味わう佐藤琢磨  無観客の中、ドライバー紹介などインディ500恒例のレースセレモニーが行われ、インディアナポリス・モータースピードウェイのオーナーとなったロジャー・ペンスキーがスタートコマンドを担当。そして14時30分過ぎ、グリーンフラッグが振られ104回目のスタートを迎える。  ポールポジションのマルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・ハータ)は、ポジションを落とし3番手となり、スコット・ディクソンがレースをリード。佐藤琢磨が2番手で続いていく。  4周目、アンドレッティを交わしたライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)が琢磨を交わし2番手に浮上する。その2周後、ジェームズ・デイビソン(デイル・コイン)の右フロントタイヤが燃えて最初のイエローコーションとなる。  レースは13周目にリスタートを迎えるも、25周目にマーカス・エリクソン(チップ・ガナッシ)がウォールにヒット。再びフルコースイエローとなり、ピットレーンがオープンされると最初のピットインへ各車は向かう。2番手のハンター-レイはポジションを落とし、ステイアウトしたオリバー・アスキュー(アロウ・マクラーレンSP)を先頭に32周目にレースは再開。  ステイアウト組がピット作業に向かい、48周目に再びディクソンがトップに浮上。アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)、リナス・ヴィーケイ(エド・カーペンター・レーシング)、ハンター-レイ、琢磨の順でレースは進み、琢磨は59周目にハンター-レイを交わし4番手へポジションアップ。2回目のピットインを迎える。  上位を争っていたルーキーのヴィーケイは、ピット作業で止まり切れずクルーに当たってしまいペナルティで後退。ディクソンはステイアウト組よりも前でピットアウトし、2番手に10秒差をつけてレースをリード。85周目にはダルトン・ケレット(AJフォイト)が単独クラッシュで3回目のイエローに。ここでトップのディクソンをはじめ各車が3度目のピット作業へ。琢磨もディクソンの後ろをしっかりとキープする。  93周目にリスタートとなるも、後方でコナー・デイリー(エド・カーペンター・レーシング)とオリバー・アスキュー(アロウ・マクラーレンSP)がクラッシュ。再びイエローコーション。レース再開はハーフウェイを過ぎた101周目、2番手の琢磨はロッシに交わされ後退し、さらに、パトリシオ・オワード(アロウ・マクラーレンSP)にも交わされてしまう。  ロッシは勢いに乗り、103周目にディクソンを交わしトップを奪う。しかし、ディクソンもすぐに抜き返し、トップをお互いに奪い合いながらレースをリード。琢磨も115周目にオワードを交わし、前を走る2台を追いかける。  122周目に再びイエローフラッグが振られる。9番手を走行していたアレックス・パロウ(デイル・コイン・レーシング・ウィズ・チームゴウ)がウォールにヒット。期待のルーキーはここでリタイアとなってしまった。  各車このタイミングで4度目のピット作業へ。ディクソンがトップをキープし、オワードは素早い作業でポジションをアップ。琢磨は、ピットレーンでロッシにヒット。このアクシデントでロッシはペナルティが科され後退する。  132周目にレースは再開。グラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)がオワード、琢磨を交わし3番手に浮上。ディクソンは2番手を引き離し再び4秒差に。琢磨は142周目にレイホールを交わし2番手となりディクソンを追いかける。  144周目に後方に落ちてしまったロッシが単独クラッシュ。6度目のイエローコーションとなり、残り46周目でリスタートとなる。そして158周目、琢磨がディクソンを捉えトップに浮上する。  琢磨は、168周を走行して最後のピット作業へ。クルーたちも素早い作業で送り出す。翌周、ディクソンとレイホールがピットイン。ディクソンは琢磨の前でコースに復帰する。  173周目、琢磨がホームストレートでディクソンを交わし実質トップに。レイホールもジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)を交わし実質3番手に。ディクソンvs琢磨、レイホールのレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの展開で、レースはクライマックスへ。  残り15周、全車がタイヤ交換を終え、再びトップに立った琢磨。その後ろにディクソンが迫る。残り10周となり、琢磨の前に周回遅れのマシンが立ちはだかる。しっかりと周回遅れをクリアした琢磨。残り5周となったところでスペンサー・ピゴット(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)がピットレーン入り口に単独クラッシュ。  レースはイエローコーションのままチェッカーフラッグを迎え、佐藤琢磨が日本人として初めてインディ500を制覇した2017年以来となる、2度目のインディ500制覇を成し遂げた。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】