Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

仕事も結婚も家も…すべての夢が叶っている人に教わった「運がいい人」になる方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

うまくいってる人を見て「あの人は運がよくて羨ましいな」と思ったこと、ありませんか? 「頑張っているのにどうして自分は運がよくないのだろう」「あの人と何が違うんだろう」と、疑問を抱くこともあるかもしれません。   日本マクドナルドで“伝説の店長”と呼ばれ、自身の講演を発信している“炎の講演家”・鴨頭嘉人さんは、自身のYouTubeチャンネルで、「運がいい人」になる方法を語っていました。 運の良し悪しって、自分でコントロールできるものなの…? 一体どんな方法なのでしょうか。

つくっても売れない「ブリキのおもちゃ」で生計を立てている

運が良くなる方法を、『開運! なんでも鑑定団』に鑑定士として出演している、北原照久さんが教えてくれました。 「ブリキのおもちゃ博物館」をやっている方です。 北原さんはコレクションした「ブリキのおもちゃ」で生計を立てています。 そんな北原さんに「今ブリキのおもちゃをつくっている会社ってあるんですか?」と尋ねたところ、「あるわけないですよ。売れるわけがない」と言われました。 ブリキのおもちゃは今、つくっても売れない、おもちゃとしての価値がないものなんです。 でも北原さんが、「このおもちゃは、こんな時代に、こんな想いを持った作者が、世の中の子供たちに希望を持ってもらいたいと思ってつくった…」と、ストーリーを添えて博物館に並べると、「ブリキのおもちゃ」で入館料が取れます。 北原さんは、めちゃくちゃすごい人です。  北原さんがブリキのおもちゃを集めはじめたとき、みんなはその価値を認めていませんでした。 1円にもならない変わった趣味。なんなら他の人が捨てそうなものを、お金払って買っていた。 今のようには儲かっていない、若いころからです。 北原さんが世に知られるようになったのは、当時とても発行部数の多かった雑誌『POPEYE』の表紙に、北原さんのコレクションのひとつ「ポパイのブリキのおもちゃ」が使われたのがきっかけ。 そこから「ブリキのおもちゃコレクション」が大ブレイクして、北原さんは売れっ子になっていきました。

【関連記事】

最終更新:
新R25