Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

京都老舗料亭「菊乃井」三代目・村田吉弘、200万円もって単身パリへ!跡を継ぐのがイヤで「フランス料理やります!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレ朝POST

京都・祇園の老舗料亭「菊乃井」の長男として生まれ、後継ぎの三代目として育った村田吉弘さん。 立命館大学在学中には定められたレールに乗るがイヤになり、フランス料理のシェフを目指し、修業のため渡仏したこともあったという。しかし、そのフランスで日本料理の真髄に気づいて日本料理の修業を始め、1976年に「露庵 菊乃井木屋町店」を開店、2004年には「赤坂 菊乃井」を開店し、京都・祇園の本店はミシュランの三つ星の常連であり、木屋町店と赤坂店はミシュランの二つ星の常連。2013年の和食のユネスコ無形文化遺産登録にも発起人となって尽力した村田吉弘さんに「赤坂 菊乃井」でインタビュー。

◆子ども時代はどつかれてばかりで…

豊臣秀吉の妻・北政所(ねね)が茶の湯に用いたとされる井戸「菊水の井」を代々守ってきた「菊乃井」という家に生まれた村田さん。料理店としては三代目、家は22代目となる御曹司だが、子どもの頃はやんちゃでよく怒られていたという。 -小さいときはどんなお子さんだったのですか?- 「小学校時代は肥満児で、めちゃくちゃな子どもでしたね。5歳のとき、消防車の前に大の字になって寝て消防車を止めて、消防署の人に家まで連れて行かれて、おやじとおふくろにものすごく怒られました。 あれは、友だちが『消防車は絶対に止まらない』って言ったから、僕は『消防車の前に寝たら止まる』って言って、やってみたんですよ。そうしたら僕が言った通り消防車は止まったんですけど、めちゃめちゃ怒られて(笑)。 あと、清水の舞台の横の石垣に上ったら、あれは反(そ)っているので、途中まで行ったら下りることも上ることもできんようになって、はしご車に救助しに来てもらったこともありました(笑)。 当時は今と違って、世のなかが『子どもがやったことだから』というような大らかな感じやったけど、親は呼び出されて怒られていました。だから、おやじにはどつかれてばかりでした」 -いくつぐらいからご自分が老舗の跡取りだということを意識するようになったのですか?- 「それはしゃべれるようになった頃から、ずっとおじいさんとか、おばあさんが言っていましたし、跡取りだということで、他の弟妹とは違う扱いをされていましたからね。 封建的なところですから、おじいさんとおやじと僕の男子3人で食事をとるんですよ。それで、おばあさんやおふくろとかは、ほかの子どもたちと一緒に食事をとる」 -そんなに歴然と違いがあったのですか- 「そうです。普通の子やらとは明らかに違いました。おやじやおじいさんが食べるものは違うものでしたからね。今となっては、普通じゃなくておかしいわなと思いますけど(笑)」 -跡取りになるための教育はどのように?- 「料理屋の厨房(ちゅうぼう)のなかに僕は全然入れてもらえず、大学を卒業するまで入ったことがないんですよ。 ただ、おじいさんにしょっちゅう古美術屋に一緒に連れて行かれましたから。アイスクリームを食べさせてやるとか言われて(笑)。 『この絵とこの絵、どっちがいいと思う』?とか、『この皿とこの皿ではどっちが好きや?』とか聞かれていました。 そやから大学生のときにはもう、印判、転写みたいにして印刷したものと、手書きのものとの違いはわかるようになっていましたね。 友だちやらは、『こっちが3万円で、これは千円や。でも、一緒やん?』なんて言っていて、『全然違うのに、こいつらわかってないやんなぁ』って思いましたよね。 まあ普通はわからへんでしょう?そやから、ほかのやつよりも勉強ができるわけでもなし、語学力があるわけでもなし、別に何ということはないねんけど、それだけはこいつらに勝てるなと思った」 -英才教育ですね。小さいときからおじいさまに本物を見分ける教育をされて- 「そうですね。そやからそういう意味ではありがたかったですよね。普通に本店には(横山)大観もありますし、(伊藤)若沖(じゃくちゅう)もありますから。 若沖は5、6本あったんとちゃうかな。うちのおふくろなんかは、『若沖なんかは騒がしいからいやや』って言うていましたよ(笑)」 ※村田吉弘プロフィル 1951年12月15日生まれ。京都府出身。京都・祇園の老舗料亭「菊乃井」の長男として生まれる。立命館大学在学中、フランス料理の修業のため渡仏。帰国後、名古屋の料亭「か茂免(かもめ)」で3年間修業。1976年に「露庵 菊乃井木屋町店」を開店、2004年には「赤坂 菊乃井」を開店。シンガポール航空の機内食の監修やフランス料理とのコラボレーションなどさまざまな試みに意欲的に挑戦。医療機関や講師活動など食育活動も積極的に行い、文化功労者として表彰されるなど、数多くの賞を受賞している。

【関連記事】