Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ヤスアキジャンプ」VR化構想 DeNA南場オーナー、山崎本人との対談で明かす

配信

デイリースポーツ

 DeNA・南場智子オーナー(58)が5月31日、球団公式YouTube「突撃!ヤスアキマイク~みんなお家でなにしてんの~」に出演し、「ヤスアキジャンプ」をVR化したい考えを示した。  テレビ電話で山崎康晃投手(27)から質問を受け、笑顔で答えていった南場オーナー。ファンから寄せられた、今季の横浜スタジアム運営についての質問に「短期的にはもちろん感染防止ですが、それに関係なく、DeNAはITの会社。IT、AIを駆使して、新しい観戦環境を実現したいなと思います」と回答した。  シーズンは当面、無観客で行われる。ファンが「ヤスアキジャンプ」を楽しめないことを残念がる山崎から「AIの力を使って何かできたらいいなと思うのですが」と相談されると、「仮想現実(VR)空間を作って、みんなで観戦しているように工夫をすることもできるかもしれない」とコメント。また、プレーする選手が観客の雰囲気を感じられるような方法を考えていることも明かした。  「今年も何としても、どんな形でも皆さんに野球を届けたい。私たち球団もいろんな経営努力をして、いいゲームを見せられるように」と力を込めた南場オーナー。情報技術を駆使して、斬新な観戦環境を生み出していく。

【関連記事】