Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

再審かなわぬナイジェリア人男性、特別抗告

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 姫路市で2001年に起きた「花田郵便局強盗事件」で、再審(裁判のやり直し)を請求していたナイジェリア国籍の40代の男性について、神戸地裁が請求を棄却し、男性がこの決定を不服として29日までに大阪高裁に即時抗告したことが代理人弁護士への取材でわかった。  男性は、実刑が確定した親族の男性と共謀して現金約2300万円を強奪したとして2006年に懲役6年が確定。服役後に再審請求し、大阪高裁が2016年3月、請求を棄却した神戸地裁姫路支部の決定を取り消して審理を差し戻すとした。これを受け神戸地裁は、改めて再審を行うかどうか審理していた。  再審請求では男性の弁護側が、目出し帽のDNA型が男性と一致せず、真犯人が別にいると主張していた。また当時捜査に当たった兵庫県警や神戸地裁姫路支部は、現場に残された毛髪や指紋が男性と一致しない鑑定結果を隠蔽し、郵便局の防犯カメラ映像を改ざんしたなどと訴えたが、神戸地裁は6月15日、映像の改ざんはなく、提出されたDNA型の鑑定書や復元した防犯カメラの映像は「無罪を言い渡すべき新たな証拠に当たらない」とした。  男性はまた、この強盗事件の捜査段階で証拠が改ざんされたなどとして、国と兵庫県(兵庫県警)に計1億円の損害賠償を求めていたが、時効が成立しているのを理由に違法性を判断せずに訴えを棄却した神戸地裁の6月16日の判決を不服として29日付けで控訴している。  男性は現在、兵庫県内で日本人の妻と娘とともに兵庫県内で生活しているが国外退去命令が出ているという。男性の代理人・池田崇志弁護士は「男性は20代で無実の罪で逮捕・勾留・有罪確定となり、気づけば40代に。こうした違法ともいえる捜査がなければ一番充実した時期を過ごせたはず。日本の刑事司法のあり方にやるせなさを感じている」と述べた。

ラジオ関西

【関連記事】