Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松井玲奈と鈴木仁が9歳差カップルを熱演! 「30禁-」で年下彼氏の「ギャップにキュン」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

FODで配信スタートした恋愛ドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」(毎週金曜0時‐終了時間未定、FOD)で年の差恋愛を演じる松井玲奈と鈴木仁。実際には8歳差の2人に、撮影を通じて恋愛観がどう変わったか、直撃インタビュー! 【写真を見る】手を重ね合う松井玲奈と鈴木仁 ――お2人は初共演ということですが、お互いの印象は? 松井「自分より年下の方を相手役に、こんなに長くお芝居するのは初めてだったので、すごくソワソワしたのですが、撮影を重ねるごとに、役の真雪くんとしても、仁くんとしても魅力的になってきて、素敵だなと思いました」 鈴木「僕は、真雪としても志乃(松井)さんに頼りながら、自分としても松井さんに頼りながらで…支えてもらって安心して撮影に臨めた印象があります。楽しみながらできましたし、頼もしかったです」 ――30歳を迎え、仕事が充実しながらも結婚を焦る志乃と、9歳年上の志乃に恋して真っ直ぐに突き進む真雪をそれぞれ演じられて、共感した部分は? 松井「志乃は、仕事に真っ直ぐなところが自分に似ているなと思います。仕事を始めてからずっと仕事のことを考えているところです(笑)。私は今29歳で、志乃は30歳ですけれど、この世代の女性は、みんな自分の本当の幸せは何なのかをすごく考える時期なのかなとも思いました。この先の人生設計を『一人で歩んでいくのか』『誰かパートナーと歩むのか』…果たしてそれが幸せなのか。揺れ動いて悩む感情には、共感するところも多かったです」 鈴木「真雪は、好きなことに真っ直ぐな部分があるし、幼いながらに男らしさもあって、そこは大切に演じました。男子としては、物事がはっきりしているところは尊敬もできたし、志乃さんを思う気持ちや行動には、後先考えずにその時思ったことを素直にできるところを共感しながらも尊敬していました」 ――お互いの役については、どのような印象を持たれましたか? 松井「真雪くんに対する印象は、とにかくかわいい。そのなかでもしっかりとした男性らしさもあって、そのギャップにドキっとしました。かわいいと思ったら急に表情が一変するとか、あぁ、こういうギャップにキュンとするんだなと思いました」 鈴木「志乃さんに対しては、年上の女性という面で頼り、男として頼られっていう部分のバランスを保ちながらやっていましたね。世間的なイメージでは、男性が引っ張るみたいなのがあると思うんですけれど、志乃さんと真雪はそのバランスが違っていて、難しくもバランスを保ちながらいい距離感で、お互いのことを思えていたんではないかなと思います」 ――実際には8歳の年の差があるお2人ですが、現場でのコミュニケーションはどんな感じでされていましたか? 松井「撮影の合間にも、いろいろ話をしました。何が好き? 何にハマってる?とか…食べ物の話とか」 鈴木「お笑い芸人さんも」 松井「確かに! 仁くんが待ち時間にいつもお笑い動画を観ていたんですよ。私はあまり詳しくなくて、『それは誰なの?』『誰が面白いの?』とか聞きましたね。その時見ていたのは、四千頭身さんでしたね。あと、千鳥さんも好きなんですよね?」 鈴木「そうです(笑)。あとは、松井さんが乗りたがってる新型の新幹線に、まさかの僕が先に乗っちゃった…っていう話を、自慢げに話しました(笑)」 ――本作の2人のように、ご自身も9歳差の恋愛って実際アリだと思いますか? 松井「現実だと、10歳下は19歳になってしまうので…(笑)。でも私は人と接する時に年齢よりマインドが近いなと感じられる人と一緒にいることが多いので、年は上でも下でも、一緒にいて居心地がいい相手、楽しい思いを共有できる人だったら、年齢は関係ないかと思います。年下男子って言うと、一番は、かわいいなと思えるところ。ちょこっと頼りないところがあったり、何か出来ないことがあったりしても、ちょっと背伸びして頑張るみたいな。そういう感じってすごく…愛情をいっぱい感じるというか、『彼女のためにしてあげたいんだ!』っていう背伸びした感じが、心に刺さるなと思いながら演じていました」 鈴木「自分(現在21歳)は9歳年下って言うとすごい年齢になっちゃうので…あ、年上ですか(笑)。年上は全然アリだと思います。松井さんと同じく、年の差って、ちっちゃい頃はけっこう気にするけれど、大人になっていくにつれてそこまで意識しなくなるなと思います。考えや価値観などは、年上の方から話を聞くほうが自分的にも成長ができると思いますし、そういう意味では全然アリじゃないでしょうか。同世代でも、年下でも自分は大丈夫だと思います!(笑)」 ――一歩踏み込んだ大人なラブシーンにも注目が集まります。キスシーンやバックハグなど、多くのキュンとするシーンを演じられていかがでしたか? 松井「そうですね…ハグのシーンでも、細かいことは台本に書いていなくて。あとは、監督が『後ろからの方がいい』とか、何がキュンとするのかとかをみんなで考えながら撮影をしていきました。実際には私は受け身というか、真雪くんからされることが多かったので、『あ、後ろからハグされるってこんなにキュンとするんだ』ってちょっとドキドキしながら、一つ一つ、真雪くんとの間に起こることを、志乃として噛み締めながら撮影していた感じです」 鈴木「もともと台本をいただいた時からそういうシーンが多いなっていう印象があって。でも撮影に入って序盤の方で1話のホテルに行くシーンがあって…なんか、正直言ってそういうのが最初の方にあったから吹っ切れちゃったのかなって思います。もともと恥ずかしさはそんなになかったんですけど…甘えつつ、男らしくカッコつけようと頑張ってる真雪を自分のなかで楽しめました」 ――お2人は8歳差ということは、鈴木さんにとっては緊張しそうなシチュエーションですが…。 松井「マネージャーさんが計算したら、仁くんが小1の時に私がデビューしていたらしいです(笑)」 鈴木「もうホント、小学生? 中学生の時かな、松井さんはテレビのなかで、僕はもう、外側からずっと見てました。でもそういうのは、別にすごく意識するっていうことはなかったです。役としては、頑張って対等であろうとする真雪くんがいましたけれど、逆に普段では、松井さんは年の差を意識させないような振る舞いをしていただいて、すごく助けられました」 ――松井さんにとっては大人の女性の恋愛模様が、鈴木さんにとっては一人の女性に一途になって押しまくる点が、それぞれ初めての挑戦だったのでは? 松井「はい、しっかりした恋愛もののドラマはこの作品が初めてだと思うので、一人の女性が恋愛のなかで思い悩んで…っていう姿を演じるのが、すごく新しい挑戦だったな、と思っています。展開が早い物語のなかで、年下の真雪くんと、もう1人同世代の男性の間で心が揺れるんですが、こっちに決めたと思ったら逆側からのアプローチがあったりして、撮影しながら『いま自分がどの地点にいて、どっちに気持ちが傾いているのか』を把握しながらお芝居するのが、たまにパニックになりそうでした(笑)」 鈴木「自分は、真っ直ぐに一人の人に思いをぶつけるっていうのは、新しい感じでしたね。でも方向性で言うと逆にシンプルだったので、そこは貫き通そうと思っていました。どこかにブレることもなくて、最初からずっと志乃さん一直線だったので、100%そこにかけるだけでした」 (ザテレビジョン・取材・文=magbug)

【関連記事】