Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アップデートされるスポーツ体験 スポーツテック事例5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

スポーツにITを活用し今までにない価値や体験を提供する「スポーツテック」産業が活発になっており、徐々にサービスがリリースされている。 東京オリンピック・パラリンピックでは、テクノロジーによるスポーツの進化を体感できると期待されていたが、新型コロナウイルス感染症拡大により延期となり、その機会が先延ばしになってしまった。 そこで今回はスポーツテックを体感することができるサービスや取り組みを紹介する。

足の動きをデータ化する「EVORIDE ORPHE」

アシックスが販売するスマートシューズ「EVORIDE ORPHE(エボライド オルフェ)」は、履いて走るだけでランニング中の足の動きをデータ化し、一人ひとりの走り方の特徴を可視化することができる。

ミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)の内部には角速度センサおよびジャイロセンサを埋め込まれており、専門アプリと連携することで一歩ごとにデータを取得するという。 これにより、走行中の距離やラップタイム、ペース、ストライド、ピッチ、着地エリア・時間、接地の角度、着地衝撃などのデータを分析し、それらのデータとアシックススポーツ工学研究所のバイオメカニクスに関する知見を組み合わせ、脚と足元にフォーカスした5項目で走り方を評価したスコアを算出する。

また、ランナーの足運びの特徴や改善すべきポイントを可視化するほか、自分だけのコーチのように、その特徴に応じて一人ひとりにパーソナライズされたアドバイスやおすすめのトレーニングメニューを提供。ランニング中にリアルタイムで音声コーチングを受けることも可能となっている。

水泳中にタイムを表示するARゴーグル「Form Swim Goggles」

水泳のスマートゴーグルを開発するFORMの「Form Swim Goggles」は、片側のゴーグルにARディスプレイが内蔵されており、水泳中のタイムや距離、スプリットなどの情報をリアルタイムに表示する。 また、専用アプリを使用することで、ゴーグルで記録したトレーニング内容や進捗状況を共有することができるという。ゴーグルに表示する数値や、水泳中やターン後、休憩中など表示するタイミングもカスタマイズも可能となっている。 なお、同製品は、同社のウェブサイトで200米ドルで購入でき、国外発送も行なっているという。

【関連記事】