Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宮﨑敏郎「やめていたかも」。ギリギリ 進んだプロの世界で球界屈指の打者へ

配信

webスポルティーバ

表情は硬く、口は重い。  それでも聞かれたことに対しては、丁寧に吟味するように答え、事実と違うことにははっきりノーと言う。横浜DeNAベイスターズの宮﨑敏郎のインタビューを通して、この選手の芯の強さを垣間見たような気がした。 【写真】美しすぎる野球選手・加藤優  宮﨑とかかわった誰もが「こんなに練習する選手は見たことがない」と口を揃える。  2017年には打率.323で首位打者を獲得。2017年、2018年には三塁手としてベストナインを受賞した。その天才的な打撃は、今や日本トップクラスだろう。今季は7月9日現在、打率.397(セ・リーグ2位)の驚異的なアベレージをマークしている。  そんな宮﨑だが、アマチュア時代はプロ入りできるか紙一重の選手だった。  セガサミーに在籍して2年目の2012年、ドラフト会議前に宮﨑の元へ届いたプロ球団からの調査書は4球団。どちらかと言えば同僚の外野手・赤堀大智が注目されており、赤堀はDeNAから4位、宮﨑は6位指名を受けた。  赤堀は身長188センチ、体重90キロと体格的に目立ち、身体能力に優れたアスリート型外野手だった。一方の宮﨑は身長172センチ、体重85キロと、ずんぐりむっくりの体型で、走塁・守備はプロで売りになるレベルではなかった。宮﨑がプロに入るとすれば、打撃でアピールするしかなかった。  そんな宮﨑が「打つ、打たないの結果次第では違った道を歩んでいた可能性はある」と振り返る一打がある。

2012年夏の都市対抗野球大会1回戦・日本通運戦。セガサミーが0対2とビハインドを追う展開になった8回裏、宮﨑は逆転満塁弾をレフトスタンドへと運んだ。 「場面にもよるんでしょうけど、打つ、打たないでいえば全然違うと思います。でも、それがすべてなのかどうかは、自分が決めることではないので」  他人の評価は自分ではコントロールできない。そのように振り返るのも、職人肌の宮﨑らしい。結果的にこの一打が文字どおり決定打となり、プロへの道は開けた。  もし、社会人2年目にドラフト指名されていなければ、今も社会人でプレーを続けていたと思うか。そう尋ねると、宮﨑は軽く「うーん」とうなったあと、こう答えた。 「やめていたかもしれませんね」  意外な答えだった。宮﨑なら環境がどこであれ、「自分の打撃」を追求し続けるのではないかと思ったからだ。それほど、宮﨑にとって「プロ」という世界は大きいものだった。 「そこを目指して小さい頃からやってきたので。そこにかける思いというのは、人一倍あったのかなと思います」  そもそも、セガサミーへの入社にしても、綱渡りだった。日本文理大4年時、セガサミー側から「ショートを守れますか?」という打診を受けると、宮﨑は「守れます」と即答したという。実際には、大学に入ってショートとして試合に出たことはなかった。  守備への自信があったわけではなく、「今も守備の自信はありません」と宮﨑は語る。それでも、セガサミーの監督や関係者が視察に訪れた日の練習で、宮﨑はショートに入ってノックを受けた。

【関連記事】