Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

蒲島熊本県知事「検証終了、年内めざす」 球磨川豪雨検証委で一問一答

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
熊本日日新聞

 蒲島郁夫熊本県知事は25日に開かれた球磨川豪雨検証委員会の終了後、報道陣に同委員会の検証作業を年内に終える目標を示した。一問一答は次の通り。(高宗亮輔)  -流域首長から検証を早く終えてほしいと声が上がりました。  「検証を終えないと、(被災地の復旧を進める上で)道路や橋の高さを決められない。スピード感を持って取り組む」  -会合で、川辺川ダムの洪水調整能力が示されました。  「河川工学的にはダムが最も効果的だが、ダムによらない治水を考えてきた中で今回の大洪水が起きた。川辺川ダムも一つの選択肢というのが今日の会議の内容だっただろう」  -流域市町村が「ダム建設を含む治水対策」を求める決議文も読み上げられました。  「全会一致の意見は真摯[しんし]に受け止めないといけない」  -ダムによらない治水が進まなかったことに、首長から不満の声が上がりました。  「これまで築堤や宅地かさ上げを進めてきた。実施していなかったら被害はもっと大きかっただろう。(この経験は)今後の治水にも生きてくる」

【関連記事】