Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

現実に侵食するCG。PUNPEEによる“リアルタイムXR”配信ライブのつくりかた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ギズモード・ジャパン

2020年初頭から続く世界的なコロナ禍によって、大きな影響を受けているライブエンタメ業界。 【全画像をみる】現実に侵食するCG。PUNPEEによる“リアルタイムXR”配信ライブのつくりかた 現在も様々な場面で感染拡大を防ぐための制約は続いていますが、そんな状況を受けて、音楽とそこから生まれるエネルギーや感動が再び繋がる場所として立ち上げられたライブ配信プラットフォームが、スペースシャワーがプロデュースする「LIVEWIRE」です。 その「LIVEWIRE」では今月9月13日に、今年5月に予定していた全国のZEPPツアーが延期となった人気ラッパーのPUNPEEによるライブ「LIVEWIRE PUNPEE “Sofa Kingdomcome”」を生配信しました。渋谷の街角からスタートし、途中でライブハウスのWWW Xへと舞台を移したライブは、ヒップランド、SEP、BACKSPACE Productions Inc.(以下BACKSPACE)の3社によって開発されたリアルタイムXR(クロスリアリティ)配信システム「Chausie」によって、現実とバーチャルが見事に混ざり合ったXRライブを実現。視聴者の多くから「新しい配信ライブの在り方を提示した」と言わしめるほど好評を博しました。 そんなライブで、触れ込み通り、見慣れた会場を新たな“場”へと進化させた「Chausie」ですが、果たして一体どんな設計思想の元に開発されたシステムなのでしょうか? 開発に関わったBACKSPACEの清水基さん、比嘉了さんのお2人と、スペースシャワー / LIVEWIREプロデューサーの串田さんにお聞きしました(串田さんはコメントでの参加)。

今までのコンサート演出技術の延長線上のものとしてライブ演出を強化

──Chausieで実現できるXRライブとはどのような位置付けのものでしょうか? 清水:昨今、配信ライブを見かける機会はすごく増えました。そこでは、演者やDJ、機材以外が全部CGになったようなものもよく見かけますよ。そういったものはグリーンバックを背景にして、そこにCGで壮大な背景などを合成していくのですが、先日のPUNPEEさんのライブでは、会場になったライブハウスのWWW Xをそのまま使ったという点で他のものとは異なります。そもそもの完成度が高いPUNPEEさんのライブに加え、さらに世界観を強化させる為のCGを、WWW Xのホールに組み込むというようなことをしました。これを実現させる為に開発した仕組みのことを「Chausie」と呼んでいます。 今回はCGで演出をつけたというより、照明さんやカメラさんなど、今までライブに関わっていた人の技術やノウハウをお借りしながら、それらを活かしつつ、Chausieでライブ演出を強化するという位置付けです。 比嘉:同業者からも聞こえてくるのは、現在の配信ライブで培ったノウハウは、コロナ収束後のリアルライブにも統合されていくだろうという意見です。Chausieの話でいえば、今は配信に乗せる“リアルタイムARシステム”という形でやっていますが、例えば、コロナ禍収束後は、現場でリアルタイムにバーチャル合成カメラを使い、お客さんがよりライブを楽しめるようにステージ脇の映像を映すなど、ある種のバーチャル舞台セットを作るためのものとして使用することも考えられます。 清水:そういう意味では、今回は本来お客さんがいたであろう場所にCGのオブジェクトを浮かせることでセットを作ったと言えるので、“CGで舞台セットを創った”というのが正しい捉え方かもしれないです。「現実に侵食するCG」を目指しました。

【関連記事】