Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤマダ電機、ヒロセ通商… 9月権利確定の「コロナに強い」株主優待5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 9月は3月に次いで株主優待が多いシーズンだ。緊急事態宣言下にあった第2四半期(4~6月)の決算も出そろい、各企業のコロナ禍への“耐性”が明らかになったタイミングでもあることから、比較的銘柄を選別しやすいかもしれない。ここでは、9月に権利を得られる優待の中から、コロナ禍の業績へのマイナス影響が比較的軽微、あるいはプラスに作用している“コロナに強い”株主優待銘柄をピックアップしてみた。2020年9月の株主優待の権利を獲得するには、28日(月)までに株を購入する必要がある。

ヤマダ電機(9831)

 家電量販店のヤマダ電機(9831)は、店舗で使える割引券が人気の定番銘柄だ。2021年3月期の第1四半期は、売り上げが8%増、営業利益に至っては272%増と巣ごもり需要の恩恵を受けている。店舗で使える株主優待券は、買い物1000円ごとに500円券を1枚までという制限があるので無料の買い物はできないが、最大半額にすることが可能。優待は年2回、長期保有特典もあるので2年以上保有すれば最低単元でも年額で5500円分の優待を受けられる。

【優待内容】自社店舗で使える割引券……100株以上500株未満:2000円分(3月は1000円分) 500株以上1000株未満:3000円分(3月は2000円分) 1000株以上1万株未満:5000円分 1万株以上:2万5000円分(9月末、3月末、年2回、長期保有で追加あり)

スクロール(8005)

 生協での衣類販売が柱の通販会社。期初では通期で減益を見込んでいたが、受注拡大や原価低減で業績予想を増収増益に上方修正した。緊急事態宣言解除後の6月以降も月次売上は前期比2ケタ増が続いており、このペースをキープできれば再度の上方修正もあるかもしれない。優待は自社のカタログとECサイトで使える優待券が年2回で、9月は長期継続保有の株主に上乗せもある。配当性向の引き上げと増配も見込んでおり、配当の魅力も高まっている。

【関連記事】