Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロ1年目、巨人・江川卓の“四面楚歌”/プロ野球20世紀・不屈の物語【1979~81年】

配信

週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。

ヒールとなった“怪物”

 1980年代はプロ野球、特に巨人戦テレビ中継の黄金時代だった。平均視聴率も最高視聴率も、ともに83年がピーク。球場へ足を運ぶのが難しいファンも、夢中でテレビにかじりつき、お茶の間からプロ野球に声援を送っていた。お茶の間がリビングやダイニングになっているのかもしれないが、この2020年も、すくなくとも当面は、プロ野球の観戦はテレビが主流になってきそうだ。  いまはツールも多様で、巨人戦に限定されることもなさそうだが、当時は全国ネットで放映されるのは巨人戦が圧倒的であり、プロ野球に接する貴重な手段でもあった。これは同時に、プロ野球ファンでない人も巨人戦に接する機会が多かったということでもある。江川卓は、そんな時代の中心にいた。プロ野球は知らなくても江川のことは知っている、そんな人も多かった時代だ。江川は21世紀となってからも解説者として抜群の知名度を誇り、当時もCMにも出演して笑顔を見せたりもしていたから、明るいキャラクターの印象も強い。ただ、そのプロ1年目は、まさに茨の道にいて、表情も険しかった。  その剛速球で知名度は高校時代から全国区。大学でも圧倒的なポテンシャルを発揮して、誰もプロでの活躍を疑わないような“怪物”だった。77年のドラフトでは、あこがれの巨人ではなく、クラウンライター(現在の西武。当時の本拠地は福岡)が1位で指名、これを「九州は遠い」と拒否。このときは、まだ多くの人が、江川の夢がかなって、巨人へ入団してほしいと思っていただろう。  だが、78年11月21日、ドラフトの前日に設けられていた、いわゆる“空白の1日”を突いて、巨人が江川と契約。当時の野球協約が抜け穴だらけだったことも事実だが、今風にいえば“脱法”的な巨人の暴走は、当然だが、大騒動に発展した。巨人はドラフトをボイコットして、江川は阪神が1位で指名。結局、江川は阪神へ入団してから小林繁とのトレードで巨人へ移籍、という異例の形に事態は不時着した。  この間、黙々と自主トレを続けた江川だったが、世間ではルールを無視して思いどおりに物事を進めることが「エガワる」と言われ、流行語にも。巨人もさることながら、江川も完全に世間を敵に回してしまった。不協和音は巨人のチーム内にも広がる。「キャンプで江川くんと同室になったら?」という、やや意地悪な質問をぶつけられた王貞治が「ま、できれば避けてほしい」とポロリ。どんな騒動であれ、それを歓迎する人はいないだろうが、球界のリーダー的な存在であり、人を不快にさせる発言のない王でさえ、この騒動に対する不快感を隠すことができずにいた。才能の塊のような若者は、まさに四面楚歌の中で、プロとしてのキャリアをスタートさせる。

【関連記事】