Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1リットルの飲料水で14日? 上海隔離ホテル(2)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 日本から飛行機に乗り、中国の日系企業で働くため3月に上海に着いた私は、そのまま隔離されて14日にわたるホテル生活を余儀なくされた。不安な毎日に少し慣れてきた頃、今度は体調に異変が起き始めた。(NNA=青山なつこ)  ▽寒くて眠れず、ひどい頭痛に  隔離5日目、寒さで目が覚めてしまった。頭がガンガンする。スマートフォンで時刻を確認するとまだ午前5時だった。新型コロナウイルス感染症の対策として、ウイルスが拡散しないようホテル全体の空調設備の使用が禁止されており、室内は12度前後。それに昼間は日光があまり差し込んでこない。掛け布団も薄いタイプのため、毎晩ダウンジャケットを着用し、小さく体を丸めて寝ていた。  睡眠不足に加え、ひどい片頭痛。体温を測ると36・9度だった。隔離生活に入ってから最も高い。保健所の職員も「ちょっと要注意ね」の一言。検温で繰り返し37・3度を超えるようなら診察を受けなければならないらしい。

 午後になっても食欲はない。手足がかじかみ、頭痛がますますひどくなってきた。一人ではどうしようもなくなったので、この隔離が終わったら勤務する上海の会社に連絡し、体を温められるものを送ってほしいと頼んだ。頭が痛くて何をするにも集中できず、ベッドで横になっていた。  夕方、湯たんぽと毛布、使い切りカイロが部屋の前に届いた。急いで湯を沸かし、湯たんぽの口に注ぎ込んだ。ぽかぽかの湯たんぽを抱きながら、深い眠りに落ちていた。翌朝は35・8度まで下がり、すっかり体調は回復した。  ▽接触避け、厳戒下の検温  朝食と夕食の前には「検温」が義務づけられていた。隔離された人それぞれに1個ずつ水銀の体温計が配られていた。体温を測ってドアの前の廊下にある台に置いておく。その後、防護服に身を包んだ保健所の2人組がやって来て、一人が検温の結果を確認し、もう一人が用紙に記録。体温計を台に戻し、隔離された人と接触しないようにして立ち去る。厳戒下の検温だ。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS