Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【レッドブル・ホンダ】フェルスタッペン「エンジンに問題を抱えた。ピエールとアルファタウリが感動的な結果で嬉しい」/F1イタリアGP

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

F1第8戦イタリアGP(6日、モンツァ)の決勝レースで、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが初優勝。ホンダとアルファタウリは記念すべき50戦目という節目での優勝を果たした。 ●【決勝レース結果】2020年F1第8戦イタリアGP決勝レースのタイム差、周回数 そんな決勝レースをマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は次のように振り返った。 ■マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) 「今日は全てが少しずつ悪い方向に行ってしまった。 スタートではクラッチをつないだ瞬間にホイールスピンを喫してポジションを落とし、DRSトレイン(列車)の中でオーバーテイクも不可能な状況になってしまったんだ。 赤旗中断の後は、リスタートでエンジンに問題を抱え、それを解決しようとしたけれど、うまくいかずにリタイアとなった。この結果には、もちろんがっかりしているよ。 今回のレースは忘れて、初開催となる次戦のエキサイティングなサーキット(ムジェロ)へと切り替えなければならないね。 僕らのレースウイークとはならなかったけれど、ピエールとアルファタウリが週末を通してかなりの速さを発揮し、ここイタリアでとても感動的な結果をつかみ取ってくれたことが嬉しいよ。彼らは最高のメンバーがそろっているし、今夜は快挙を楽しんでくれることを願っているよ。なぜなら彼ら全員がそれに値するからね。」

【関連記事】