Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

eスポーツはコロナ禍で失われるコミュニケーションの懸け橋に【TGS2020】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日経クロストレンド

 2020年9月26日配信の「東京ゲームショウ 2020 オンライン」(TGS2020 ONLINE)の主催者番組「2020年版 eスポーツの楽しみ方」では、デバイスメーカー社長、ビール会社のマーケター、プロeスポーツチームCEO(最高経営責任者)と異色のメンバーが集結。広がるeスポーツビジネスの可能性を議論した。 【関連画像】レノボとソフマップの企業交流戦で、選手欠員のため参戦するレノボ・ジャパン社長のデビット・ベネット氏  対談のメンバーは、「ThinkPad」などビジネスパソコンのほかゲーミングPCに力を入れるレノボ・ジャパンのデビット・ベネット社長、スポンサーとしてeスポーツに参画するサッポロビール コミュニケーション開発部メディア統括グループ シニアメディアプランニングマネージャーの福吉敬氏、人気eスポーツチーム「Rush Gaming」の運営会社をCEOとして率いる西谷麗氏だ。いずれもゲームやeスポーツに仕事として関わりつつ、プライベートでもどっぷりとハマっているファンでもあるという。日経クロストレンドの平野亜矢副編集長がモデレータを務め、異なる視点や立場からeスポーツの魅力や楽しさ、ビジネスの可能性について話した。 ●あらゆる垣根を越えて交流できる  最初の議題は「eスポーツの楽しさは何か」。ベネット氏は「平等」という言葉を挙げた。「社内のeスポーツ部や企業eスポーツ部を作って、社員や他企業とも対戦している(関連記事「レノボとソフマップが対抗戦 大手がeスポーツ部をつくる理由」)。そこには、老若男女や上下関係の垣根はない。普段はレノボの社長として活動していても、eスポーツとなると『デビット早くいけよ!』など、ミーティングの場ではありえない言葉をかけられることも。フラットなコミュニケーションが取れて、親しくなるのが魅力」なのだという。  レノボ・ジャパンでは毎週金曜日は「4:30 Friday(フォー・サーティー・フライデイ)」として午後4時半から自由時間を設けており、ベネット氏はその時間に社員のメンバーとゲームをすることもあるという。番組前日の金曜日には、12人ほどで『Fall Guys(フォールガイズ)』をしたそうだ。  「レバンガ☆SAPPORO」というeスポーツチームのスポンサーをしているサッポロビールの福吉氏も「60代の人が、20代と同じチームで対戦していた。普通だったらなかなかない光景」と同意する。eスポーツの一番良いところは「圧倒的熱量」という。「ゲームは、場所や国の垣根も超え、同じゴールに向かって一緒に闘うもの。その熱量はすさまじく、客観的にeスポーツの試合を見ていると、スタジアムに集まって大騒ぎするリアルスポーツのような一体感がある」(福吉氏)。  西谷氏は「多様性」もあると付け加える。「例えば、サッカー選手の言葉に心が動かなかった人でもゲームで心が動かされるという人はいるはず。人類が幸せであるために一番大事なのは受容や寛容さなど、多様性を受け入れることだと思う。ゲームや人との関わり合いを通じて、プレーヤーそれぞれの生き方などを受け入れることで、社会の受容性が高まるという社会的な意義があるのではないか」(西谷氏)と述べる。  コロナ禍においてテレワークが広がる中、eスポーツが有効なコミュニケーションツールとして機能する可能性もある。「リアルで会える場が減ってしまったが、ゲーム上で仕事とは関係のない話ができた」とデビット氏は新たな発見を語る。確かに、今までオフィス、ランチ、飲み会などでしていた会話が少なくなった。ファン同士であれば、ゲームを通して仕事以外でも自然とコミュニケーションが取れる。 ●eスポーツの意義を社会に広げる  各地で大会が開催され、大手企業がスポンサーになるなど、急成長を遂げているeスポーツ業界。とはいえ、eスポーツは難しいというイメージがあり、まだ一般には浸透していない印象がある。その理由を、福吉氏は「タイトルごとにポイントが違う点にある」と指摘する。  「eスポーツには、様々なタイトルがある。野球やサッカー、フットボール、アメフトなどのように、タイトルごとにルールや見どころが異なるのにもかかわらず、『eスポーツ』とひとくくりにされがち。eスポーツを同じものとして捉えるから、難しいと言われてしまうのではないか」と福吉氏は推測する。  西谷氏は「所属するプロプレーヤーには長いキャリアを積んでほしいと思っている」としながらも、eスポーツのコアな年齢層である高校生や大学生は、甲子園球児や大学のスポーツクラブのように、レベルは高くともプロにならないという領域があっても良いという。仲間と協力しながら努力を重ねる経験が、人生の指針を決める一助となれば、eスポーツの意義として世の中に認めてもらえるようになるというわけだ。

【関連記事】