Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鎌倉在住の作家が見た「テイクアウトか休業か」有名店の苦悩

配信

webマガジン mi-mollet

なんでも某宅配ピザチェーンは空前の売り上げと小耳に挟みましたが、その他の飲食店はどこも苦しい状況に追い込まれていることはご存知の通り。もちろん、私の住む鎌倉も例外ではありません。 【3分でわかる】コロナ感染、都市封鎖で経済はどうなっていく?~経済評論家・山崎元さん  「インバウンド頼りや観光客相手のお店は打撃だけれど、地元の人に向き合っている飲食店はそこまで影響ないみたいねえ」なんていっていられたのは3月のはじめ頃まで。ほんの十日の間に景色は変わりました。営業を自粛するお店、テイクアウトを始めるお店、場所を貸し出すお店など、どこも対応に追われています。私はテイクアウトやデリバリーをなるべく利用して、自分で食べたものに限ってSNSで発信しています。微力ながら応援の気持ちを込めて。それぐらいしかできないのが歯がゆいです。  4月7日に7都府県に緊急事態宣言が出た翌日、イチリンハナレの料理長齋藤さんと電話で話しました。同店はお屋敷街の中の瀟洒な日本家屋というロケーションとモダンな中華料理の組み合わせで、地元の人だけでなく東京からフーディーたちが訪れる人気店です。 こちらはその4月7日から休業中。もう少し早いタイミングでの休業も選択肢にあったそうですが、予約のキャンセルはそれほど出ず、一つ前のフェーズでは店側からキャンセルを提案するのはむずかしかったとのこと。それでもお客と従業員との安全を考慮して、店側からお客側へ連絡を入れて休業へ踏み出しましたが、連絡が取れないケースもあり、そうなると店を開けざるを得ない。そして、それを聞きつけたキャンセル済みのお客からは閉めたのではないかと問い合わせが入ったりもしたといいます。こうした混乱も人気店ゆえかもしれません。食べ歩き好きとしては、せっかく取った予約をふいにしたくはないという気持ちはよくわかります。 イチリンハナレがテイクアウトを始めたらぜひ利用したいと伝えると、それについては迷っているとの返事でした。お客がいなくてもテイクアウトの作業をするには結局厨房に従業員を集めなければならない、そこでもし感染者が出たらと思うと怖いといいます。店を再開した暁にはすぐに駆けつける約束をして、電話を切りました。 日本料理 吟では、志村けんさんの訃報の後にキャンセルが相次いだそうです。あの訃報には私も本当に驚きました。きっと治るものと思っていたので。慣れ親しんだお茶の間の人気者の死は人々に「これは他人事ではない」という意識を植え付けました。謹んでご冥福をお祈りします。 吟は当初、予約が入った時だけ営業しておりましたが、地域の足並みは乱したくないので、他の店の状況を見つつ、ずいぶん悩んでいらっしゃいました。そうなんですよね、人は人、自分は自分、とはいえないのが今回の事態のむずかしいところ。4月14日からお店での営業は自粛し、お弁当や鯖寿司などのテイクアウトのみで営業しています。

【関連記事】