Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

菅義偉内閣に「未来志向的な日韓関係、土台となるのは正しい歴史観」=韓国与野党

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

韓国与野党は14日、菅義偉官房長官が自民党の新総裁に選出されたことを受けて、“正しい歴史観”をもとに、日韓関係の改善に努力するよう注文した。 【写真】もっと大きな写真を見る チェ・ジウン与党「共に民主党」の国際報道官は、この日、論評を通じて「菅義偉総裁は、長い間官房長官として携わってきたため、国際情勢を読み取る能力がある」とし「これをもとに、日韓両国間の懸案を積極的かつ実用的に解決していくことを願う」とした。 同氏は続けて、「日韓間の連帯と協力は、東アジアの安全保障と平和など、国際関係で必要なこと」とし「両国の経済と発展のためにも、対話とコミュニケーションを持続的に行わなければならない」と明らかにした。 そして、「未来志向的な両国関係」のために、「過去の謝罪」と「輸出規制を解除」することを要求した。同氏は「新しく出発することになった日本政府は、歴史の歪曲をやめ、過去に対する謝罪を通じて、歴史認識を正さなければならない」とし「日本による一方的な輸出規制も解除されなければならない」と強調した。 また、野党「国民の力」のペ・ジュニョン報道官は論評で、「明確な歴史認識と真摯な謝罪を土台に、両国関係の発展的方向について、悩まなければならない」としながら 「菅義偉総裁が『安倍政権を継承する』としたのは懸念される」と述べた。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】