Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

百貨店の7月の売上高 全店で大幅な減少 名古屋市

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 名古屋市内のデパートの7月の売上高は、長梅雨と新型コロナウイルス感染拡大の影響で苦戦が続いています。  市内の百貨店の7月の売上高はジェイアール名古屋タカシマヤで前年同月比20.4パーセント減、松坂屋名古屋店は15パーセント減、ラシックを含む名古屋三越栄店は16.3%減、名鉄百貨店本店は33.3%減だったことがわかりました。  新型コロナによる外出控えと、長く続いた雨が客足に響いたとみられています。

【関連記事】