Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“逃げ恥”や“アンナチュラル”など脚本家・野木亜紀子作品の魅力

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

綾野剛と星野源のW主演で現在放送中のドラマ「MIU404」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の脚本家・野木亜紀子の過去作品が映像配信サービス「dTV」で配信されている。 【写真を見る】等身大のラブストーリーの中で、晶(新垣結衣)がバーでこぼす愚痴や弱音にも注目 野木作品は、キャラクターの描き方がとても繊細で、視聴者が共感できるポイントが作品の随所に散りばめられている。 ■ 「逃げ恥」の魅力は“ムズキュン”や“恋ダンス”だけじゃない! 2016年10月期放送の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)は、“ムズキュン”や“恋ダンス”が話題になったが、なによりもキャラクターに注目したい。 みくり(新垣結衣)、平匡(星野源)をはじめ、風見(大谷亮平)や沼田(古田新太)、百合(石田ゆり子)の個性も際立ってる。契約結婚という多様な結婚観に基づく作品だからこそ、登場人物それぞれの多様な価値観が作品の世界観を支え、繊細に描写されている。また、2人の脳内で繰り広げられる初々しい妄想シーンはまるで思春期に戻ったかのようで見どころだ。 ■ 新垣結衣が演じる晶に共感? 2018年10月期には「獣になれない私たち」(日本テレビ系)が放送された。こちらの作品は、キャラクターも魅了的だが、社会人であれば共感できるポイントも多かったはず。 常に笑顔でしっかり者の深海晶(新垣結衣)と、世渡り上手で毒舌の根元恒星(松田龍平)が、クラフトビールバーを舞台に描く等身大のラブストーリーが反響を呼んだ。本当は周りに気を遣い過ぎて自分自身をすり減らしてしまっている晶。そんな晶がバーでこぼす愚痴や弱音には、思わず頷いてしまう人も多かったのではないだろうか? ■ 状況転換と伏線回収に注目! 2018年1月期放送の石原さとみ主演ドラマ「アンナチュラル」(TBS系)は、「MIU404」と同じく野木が脚本を務め、プロデューサーも監督も同じという、まさに兄弟のような作品。不自然死究明研究所を舞台に、法医解剖医たちが謎や事件を解明していく物語。 人の死という重いテーマを扱っていながらも、同僚との話で大爆笑する登場人物の人間臭さも同時に感じられる。暗い過去を抱えながらも必死に生きる主人公のミコト(石原)だけでなく、出会いを求めて合コンに行く東海林(市川実日子)や、医師の父親との確執と闘う久部(窪田正孝)など、一人一人のストーリーが丁寧に描かれている。 また、専門用語が次々に飛び交い、状況が二転三転していくテンポの良さや、回を重ねるごとに次々と回収されていく伏線にも注目だ。特に、中堂(井浦新)が追い続ける元恋人の死因を証明する鍵が1話から最終話へとつながっていくところ、8話のビル火災生存者と9話の遺体までがつながったところは驚きの一言だ。 ■ 野木作品の魅力は映画にも! 2015年10月31日に公開された映画「俺物語!!」もdTVで配信中だ(9月19日土曜配信終了)。作画・アルコ、原作・河原和音による同名少女漫画の実写化で、鈴木亮平が高校生役を演じたことでも話題になった。鈴木が演じる高校生・剛田猛男は体格が良く強面なため、女の子には怖がられてしまうこともあるが、心優しく、つい応援したくなるまっすぐさが魅力的だ。 2016年4月23日公開の映画「アイアムアヒーロー」(R15指定)には大泉洋、有村架純らが出演した。花沢健吾原作の人気コミックの実写化で、特殊メイクやアクションも話題となり、海外の映画祭でも支持された作品だ。売れない漫画家の英雄(大泉)は彼女とは破局寸前、社会が崩壊しかかっていても銃刀法を気にして対抗できない小心者のダメ男。しかし、そんな英雄だからこそ、たくさん出てくるZQNをひたすら撃ち倒していくギャップが見どころとなっている。(ザテレビジョン)

【関連記事】