Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【インド】小型ディーゼル開発に利点なし―マルチ・スズキ幹部

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 乗用車インド最大手のマルチ・スズキ・インディアは、圧縮天然ガス(CNG)車を拡充していく方針だ。排ガス規制「バーラトステージ(BS)6」に準拠した小型車用ディーゼルエンジンの開発は採算が取れないとしている。19日付PTI通信が報じている。  シャシャンク・スリバスタバ取締役(マーケティング・販売担当)はPTI通信の取材に対し、「小型のディーゼルエンジンを開発するのは全く合理性がない。ディーゼル車はハッチバックの5%にも満たないし、セダンや入門クラスのスポーツ型多用途車(SUV)でも激減している」と指摘。ガソリンとディーゼル燃料の価格差が小さくなりつつあることやBS6が導入された影響でディーゼル車の価格が上昇したことなどが販売減の主な要因だと分析した。