Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

食費高騰で注目。冷凍カット野菜はどれほど安い?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

長雨や豪雨災害で野菜が軒並み高騰

野菜が高いですね。 農林水産省が週一回行っている食品価格動向調査の「野菜」を見てみると、その異様さがわかります。8月3日~8月5日の調査結果(全国平均)の値では、調査対象となるキャベツ、ねぎ、レタス、ばれいしょ、たまねぎ、きゅうり、トマト、なすの8品目すべてが昨年より上がっています。 特に、レタス(217%)、ばれいしょ(168%)、キャベツ(155%)、なす(146%)、きゅうり(141%)の値上り率にはびっくり(%は昨年比)。7月までの長雨や豪雨災害の影響が大きいのではと思いますが、とにかくスーパーに行くと途方に暮れてしまいます。新型コロナの影響で外食が減り、三食手作りが増えている状況で、この野菜高騰は家計直撃の大ダメージに。 食費を節約したいと考えた時に、まず思いつくのは冷凍野菜で代用することです。冷凍ものなら気候変動で価格が急騰することはありません。そこで、どんなものがどのくらいの価格で売られているか調べてみました。チェックしてきたのは、コンビニとスーパー、業務用スーパーの冷凍野菜です。 どこでも共通して売られていたのはホウレンソウ、ブロッコリーなどのカット野菜。コンビニではホウレンソウ一袋(150~160g)が153~156円ほど。イオンのネットスーパーサイトで見ると、200g入りが198円。グラム当たりの金額で見れば、コンビニとスーパーで大きな差はないようです。逆に、業務用スーパーの価格は500g入りで178~198円と、かなり安め。さすがは業務用大袋と感じましたが、どうも理由があるようです。 それは、産地の違い。先に書いたコンビニとイオンの冷凍ホウレンソウは、実は国産のもの同士で比較した数字でした。業務用には国産品がなく、中国産のみ。ちなみに、イオンの商品には中国産ホウレンソウの冷凍パックもあり、そちらは200gで98円。国産ホウレンソウが198円ですから100円の差があります。国産か輸入野菜かで、ずいぶん値段が変わるのですね。

【関連記事】