Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブシュロン 「セルパンボエム」は 使い勝手のいいお守りリング

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CREA WEB

vol.34 BOUCHERON(ブシュロン)

「セルパンボエム」のリング  「美佐季さんのおすすめのリングは何ですか?」──仕事柄、こんな質問をよくいただきます。 【関連記事】スタイリスト伊藤まさこの日常 「まさこ百景」渋谷PARCOで開催  そんなとき、決まって挙げるのが、スネークをモチーフにしたブシュロンの人気コレクション「セルパンボエム」。  私自身、このコレクションのブレスレットを「お守り」として大切に身につけている、思い入れのあるジュエリー。一見、個性が強いようにも思えますが、実はとっても使い勝手のいいリングなのです。  このリングの良さは、プレイフルなところ。ドロップ型のモチーフは、逆さにつけても可愛いし、デザイン違いのリングを重ねづけする楽しみも。  新作のオープンタイプは、指の間の空間から肌が見えるのが「抜け感」となり、ボリュームはありますがとても軽やか。  一見マダムっぽいなと感じるかもしれませんが、指につけてみると洒落ていて、とても素敵。今だったら地金の色は統一せず、あえてミックスさせるのが気分です。  また、似合う洋服を選ばないのも、このリングのすごいところ。カジュアルなTシャツやデニムにも、端正なシャツにも、華やかなドレスにもオールマイティに似合う幅の広さ。  目を引くデザインなので、シンプルな服にも映えて、ほんのり個性を添えてくれます。さらに、年齢を問わずつけられるのも魅力。  モチーフがひとつのシンプルなタイプからスタートして、買い足していくのも素敵だと思います。  リングは自分の目で見て楽しむことができるアイテム。だからこそ、目にするたびにちょっと気持ちが上がって、いい気分で過ごせる……そんな「お気に入り」にぴったりのリングだと思います。 伊藤さんは「セルパンボエム」のブレスレットも愛用。パリにオーダーしていたものが、東日本大震災の当日に伊藤さんの元にやってきたことから、「お守り」として、毎日のようにつけている。 「『セルパンボエム』は、飽きのこないデザインだと実感しています。今回ご紹介したのは地金×ダイヤモンドですが、色石のものもあるので、好きなタイプを吟味して」(伊藤さん) 伊藤美佐季(いとう みさき) ジュエリーディレクター、スタイリスト。フィレンツェに遊学、帰国後スタイリストに。つける人の個性を活かしたスタイリングは、女性誌のほか多くの女優からも支持が高い。ジュエリーに関する講演などでも活躍。近著に『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』(ダイヤモンド社)。

伊藤 美佐季

【関連記事】