Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【札幌5R・2歳新馬】兄にサイモンラムセスを持つオパールムーンがデビューV

配信

スポーツ報知

 8月1日の札幌5R、2歳新馬(芝1500メートル、9頭立て)は、単勝4番人気のオパールムーン(牝、栗東・昆貢厩舎、父ヴィクトワールピサ)が中団追走から叩き合いを制して、デビュー勝ちを決めた。なお、1番人気のユキノフラッシュ(牡、栗東・牧田和弥厩舎、父エイシンフラッシュ)は出遅れが響き、4着だった。勝ち時計は1分29秒4。 【動画】日本一〇な女子アナ・薄井しお里の実況予想…クイーンS・G3の予想  オパールムーンは道中、中団で脚をためての追走。直線で前が開いてからの反応は俊敏で、最後まで力強い伸び脚を繰り出し、内のヴァーチャリティとの叩き合いを首差制した。  騎乗した横山典弘騎手は「新馬向きの血統で、調教通りだった。テンションが高いところがあるので、無観客競馬は一番いいシチュエーションだった。その辺が(これから)うまくいけば」と指摘した。  同馬の半兄は今年の鳴尾記念(4着)を最後に10歳で引退したサイモンラムセス(父ブラックタイド)で、今年のブリーズアップセール出身馬。昆貢調教師は「いらいらするところはあるけど、冷静に走ってくれました。馬群でも我慢して、しっかり反応もしていた」と振り返っていた。今後は未定。

報知新聞社

【関連記事】