Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ビッグバン】Krush王者・山際和希vsFUMIYA、”特攻”神保克哉vs王者MIKE JOEが決定=11.8第一部

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
イーファイト

 11月8日(日)東京・TDCホールにて行われる『スーパービッグバン2020』の対戦カードが発表された。  本大会は「ビッグバン10周年記念興行・谷山ジム35周年記念興行」の記念大会。13時スタートの第1部、17時半スタートの第2部の2部制で行われる。 【フォト】気迫あふれる右ミドルを蹴り込む山際、TKO勝利で王座に就いた  第1部のメインイベント第2試合には67Kg契約3分3Rで山際和希(谷山ジム)が登場。FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)と対戦する。  山際はBigbang、K-1グループを主戦場とするベテラン。強烈な蹴り技を中心とした多彩な攻撃を武器に、2017年のK-1初代ウェルター級王座決定トーナメントでは3位に食い込む実績を残した。今年8月に行われた第7代Krushウェルター級王座決定トーナメントには代打選手として緊急参戦。準決勝で一吉を1RKOで撃破し、決勝では近藤魁成の負傷を呼び込みTKO勝利。キャリア50戦目にして悲願のKrush王者のベルトを巻いている。  対するFUMIYAは水泳でジュニアオリンピックに出場経験を持つフィジカルモンスター。K-1、Krushに参戦し、戦績は5勝7敗と負け越しているものの、その勝敗全てがKO決着という激闘ぶりで人気を博している。  また、メインイベント第1試合にはBigbangスーパーウェルター級王者・MIKE JOE(BATTLE FIELDチームJ.S.A)が登場。神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)との対戦を迎える。  JOEは独特のムーブとアグレッシブなファイトスタイルが持ち味。昨年11月のBigbangで小川健晴を破りスーパーウェルター級のベルトを手にした。今年8月の「Krush.116」に初参戦。藤村大輔を判定で下し、K-1グループ初勝利を挙げている。  対する神保は特攻服がトレードマークのK-1ファイター。特攻精神を前面に出したアグレッシブさと、堅実で緻密なテクニックを共存させたスタイルで会場を沸かせる。昨年6月にはジョーダン・ピケオーの持つKrushスーパー・ウェルター級王座に挑戦するも判定負け。今年3月のK-1スーパー・ウェルター級王者決定トーナメントでは1回戦でエダー・ロープスにKO負けと苦戦が続くが、悲願のベルト奪取に向けBigbanで再起を図る。  第7試合にはBigbanスーパーライト級のタイトルマッチが決定。王者・昇也(士魂村上塾)にベテラン・稲石竜弥(チームOJ)が挑む。  昇也は多彩な攻撃を武器とするファイトが持ち味の20歳。昨年12月の王座決定戦で武己を延長判定で下しBigbangのベルトを巻いた。今年9月には「KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.2」に参戦し鈴木千裕と対戦。ダウンを奪われTKO負けを喫したが、一歩も引かないアグレッシブファイトで会場を沸かせた。  対する稲石はトリッキーなスタイルで会場を魅了するベテランファイター。これまでBigbangライト級王座、MA日本ライト級王座、APKF(アジア太平洋キックボクシング連盟)スーパーフェザー級王座の三冠を獲得している。4月にはレベルスの63kg級初代王座決定トーナメントに挑み、ダウン応酬の激戦の末に敗北。今回再び四冠目のベルトに挑む。  その他、戸井田大輝(戸井田ジム)vs鬼山桃太朗(K-1ジムSAGAMI-ONO KREST)のスーパーバンタム級王座決定戦など、全9試合が決定している。

【関連記事】