Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今が旬の夏野菜「ズッキーニ」!おいしく使いこなす簡単レシピ大集合

配信

kufura

夏野菜としてお馴染みとなってきた「ズッキーニ」。クセのない淡白な味わいで、どんな料理にも合いますし、栄養も豊富なので積極的に取り入れたい万能野菜のひとつです。 そこで『kufura』では、20~50代の女性330人に「ズッキーニを使った簡単レシピ」について聞いてみました。持ち味を活かしたレシピの数々、早速見ていきましょう!

食感を活かしつつさっぱりいただけるサラダ、マリネ、和え物etc.

「ズッキーニは薄切りにして、レタス+キュウリ+ハムなどとサラダにする」(44歳/その他) 「ズッキーニとトマトのツブマスタードサラダ、ズッキーニとトマトの酸味がマスタードとあう」(38歳/総務・人事・事務) 「薄切りにしたズッキーニをツナマヨ+塩昆布で和えた簡単サラダ。シャキシャキ感と塩昆布のうまみで、止まりません」(45歳/主婦) 「コールスロー、煮込み料理が多いけど、実は新鮮なのを生のままサラダで食べるととても美味しい」(40歳/研究・開発) 「ツナとキムチと和えて冷やして食べる。さっぱりしていて美味しい」(30歳/総務・人事・事務) 「ズッキーニとツナ缶のカラシマヨネーズ和え。食感もよく、美味しいです」(43歳/主婦) 「ズッキーニのマリネ。さっぱりしていて美味しいです」(20歳/学生・フリーター) 「ズッキーニのピクルス」(49歳/総務・人事・事務) 「ズッキーニの浅漬け:きゅうりと同じ感覚でシャキシャキしている」(50歳/主婦) 煮込み料理に使うイメージのあるズッキーニですが、生食可能なのでサラダや和え物でもおいしくいただけます。塩水に浸して青臭さを除いておけばさらに食べやすく! 加熱時とは異なりシャキシャキっとした歯応えが楽しめるので、ピクルスや浅漬けにしてもおいしそうですね。

味が染み込むトマト煮ではラタトゥイユがダントツ人気

「ラタトゥユ。ズッキーニは他の野菜より食感が残るので入れたほうがおいしい」(37歳/主婦) 「ズッキーニとなすのトマト煮。鶏肉も入れてニンニクの風味を効かせると食欲が増しておいしいです。味はラタトゥイユですが、残ったものをパスタと絡めてもおいしく食べられます」(30歳/主婦) 「ズッキーニなどの夏野菜を角切りにしてトマト缶で煮る。魚料理のソースとしても使えておいしい」(26歳/その他) 「ズッキーニとサバ缶のトマト煮。ズッキーニの甘味が引き出される」(27歳/総務・人事・事務) 「ズッキーニやパプリカ、ブロッコリーと鶏肉をトマト缶で煮込む」(40歳/主婦) ズッキーニを使った料理としてまずラタトゥイユを思い浮かべる方も多いのでは? アンケートでも多くの方からラタトゥイユに使うとの声があがりました。トマトのほどよい酸味がズッキーニのほんのりとした甘さを引き立ててくれるようです。少し多めに作って、パスタや魚料理のソースなど2度使えるのも手ですね! サバや鶏肉などを加えたトマト煮との相性は抜群です。

【関連記事】

最終更新:
kufura