Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

苦境に立つドラゴンズはここからまた這い上がる!現状の弱点を井端弘和が徹底解析!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

「とある妄想しがちなファンのドラゴンズ見聞録」 CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)を見たコラム  7月26日放送のサンドラでは、今まさにここが我慢のしどころという窮地の中で井端弘和氏によって浮上のカギを徹底分析、そしてチームとしてケガ人続出の苦しい状況ではあるがそこで掴んだチャンスをどう活かしていくか、注目のルーキー岡林勇希選手のインタビューを特集。

勝てない先発投手陣

7/26時点の成績で9勝15敗、防御率4.51(リーグ5位)、平均投球回5.18(リーグ5位)とリリーフ陣への負担も大きくなっている。これに対して井端氏はこう分析する。 「先発ピッチャーに負けが非常に(多く)ついている。それは相手より先に点を取られているから。先発ピッチャーに勝ちがつくには相手より先に点を取られない、1点でもいいから勝っている段階で次のピッチャーにつなげるのが大事かなと思います。」 1点でも多くとったチームが勝利する競技で基本的なことと言えるかもしれないが、 実際のデータとしても以下のように如実に勝敗の分かれ目となっている。 先発投手が先制された試合の成績:18試合2勝16敗 ドラゴンズが先制した試合の成績:14試合10勝3敗1分 先発投手の中でエース格の柳裕也投手がケガで離脱していることも大きいが、先発として登板する以上井端氏が提言する条件をクリアしてこの状況を乗り切りたい。

続出するケガ人

今シーズンは新型コロナウイルス拡大の影響により、時間制限や練習場所の制約もあり開幕前に十分な準備ができないまま試合に臨まなければならなかった。一軍で主力となる選手たちも例外ではない。投手では、又吉克樹投手、柳裕也投手。内野手では、堂上直倫選手、高橋周平選手。外野手ではソイロ・アルモンテ選手、平田良介選手と1ヶ月の間に6人もの選手が離脱している状況だ。そんな窮地を乗り越える方法を、井端氏はこう語る。 「ケガ人は必ず出る、先に考えておくべき。キャンプとかオープン戦とか全てを含めて全員の選手がケガしたことを想定して、当てはめていけばそんな慌てることはないと思うんですね。(この人がケガしたら、この人でいくとシミュレーションしておくということ?)そうですね、ビシエド選手も踏まえて、先発投手も踏まえていったら誰が代役をやるかというのを想定してやっておけば、誰かケガしたら俺はここだなというのが各選手わかってくると思いますので打順も含めたシミュレーションを一通りやっていけばそんなに困ることじゃないと思います。(ケガ人は)絶対出るので、出ないシーズンなんてどの球団もないと思いますので。」  離脱者が一気に出ると、ファンの立場から見るとパニックのような不安を感じる。しかし一人の選手の穴を埋めるのは、別の一人の選手でしかない。比較すると見劣りすることもあるかもしれない。しかし井領雅貴選手のようにベンチでも一等大きな声でチームを盛り立ててきた姿勢そのままに、代役となるチャンスを活かして存在をアピールしていける選手もいる。チームとして改めて役割を明確にして、より戦略的にその機会を活かして欲しいところだ。

【関連記事】