Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『夢をかなえるゾウ4』は「夢」をあきらめる方法を説く 7月期月間ベストセラーを考察

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

■7月期月間ベストセラー【総合】ランキング(トーハン調べ) 1位 『鬼滅の刃 風の道しるべ』吾峠呼世晴、矢島綾 集英社 2位 『あつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド』KADOKAWA 3位 『一人称単数』村上春樹 文藝春秋 4位 『あつまれ どうぶつの森 完全攻略本+超カタログ』ニンテンドードリーム編集部 編 徳間書店 5位 『鬼滅の刃 しあわせの花』吾峠呼世晴、矢島綾 集英社 6位 『鬼滅の刃 片羽の蝶』吾峠呼世晴、矢島綾 集英社 7位 『夢をかなえるゾウ(4) ガネーシャと死神』水野敬也 文響社 8位 『女帝 小池百合子』石井妙子 文藝春秋 9位 『syunkonカフェごはん(7)』山本ゆり 宝島社 10位 『気がつけば、終着駅』佐藤愛子 中央公論新社 【画像】『夢をかなえるゾウ』シリーズ1冊目の書影  私事ながら、あと1ヶ月弱で引っ越しをする。残り時間が見えてくると、ふだん何気なく見ていた風景が愛おしく思え、利用していた店に最後にもう一度行っておこうと思ったり、引っ越したらなかなか行けないだろう場所に行っておきたいな、という想いが芽生えてくる。  デッドラインを意識すると、何を大切にしたいか、何をしておきたいか、何をあきらめるべきなのかが見えてくる。水野敬也『夢をかなえるゾウ4』はそういうことを扱った作品である。 ■「夢をあきらめる方法」を描く  妻子ある会社員の主人公はガネーシャと死神から「余命三カ月」を告げられ、妻子にお金を残すために残りの時間をどう使うべきかをガネーシャたちが与える「課題」をこなしながら考えていく――というのが序盤のあらすじだ。  「夢をかなえる」をテーマにしてきた自己啓発小説シリーズの最新刊である本書は、なんと「夢を手放す=あきらめる=受け入れる」を主題に展開される。思うようにならない今この人生/状況を受け入れ、自らを肯定し、まわりの人たちを認めること。自分や近しい人の死を意識することで、寛容になること。こういったことが説かれていく。  正確に言うと、前半では迫り来る死期を前に、生きているうちにどんなことをしておくべきかが描かれ、後半では「かなえられない」と思うからこそ人を苦しめる「夢」からどうすれば解放され、今の人生を受け入れられるかが描かれていく。  コロナ禍によって思い描いていたような日常が崩れ去り、さまざまなことをあきらめたり、手放したりしなければいけない人が多いだろう状況において、手に取ることに意味のある本になっている。  また、「夢を持ち、それに向けて努力すること」を強いる社会構造が日本人を苦しめているという認識は、今年出た高部大問『ドリームハラスメント』(イースト新書)や池上彰監修『なぜ僕らは働くのか』(学研プラス)とも共通している。  「夢」を設定すれば、必然的に「現在」は「それを実現していない状態、叶えられていない状態」になる。その「できていない」という認識が人を苦しめる。とくに「死にたくないが病に冒されている」といった個人の意志や行動ではどうにもならない外部環境要因によって阻まれた場合には、「ままならない」というつらさだけが募る。  しかし新型コロナウイルスによって全世界的に人類が「ままならなさ」に見舞われているいま、夢の手放し方、危機に直面したなかでいかにしてこの人生を受け入れるのかという本書が示す処方箋は、多くの人が求めているものだろう。 ■VUCAの時代に仏教的な思考法が有効な理由  夢は幸せになるための手段のひとつにすぎず、囚われて苦しむのであれば手放すこともひとつの道である、とガネーシャは言う。  ガネーシャが後半で説いていくのは「人間の欲には際限がなく、それが人を苦しめる」「万物はつながっており、何かが死んでもかたちを変えてほかのものになるだけだ(だから「死」は存在しない)」といったことだ。  これらは仏教で説かれる「執着を捨てることで四苦八苦(生老病死+愛する者と別離すること、怨み憎んでいる者に会うこと、求める物が得られないこと、肉体と精神が思うがままにならないことの苦しみ)から解放される」「輪廻転生」あるいはホーリズム的な教えである(作中には釈迦も登場する。ほとんど何もしないが)。  こんな内容の本がベストセラーになること、禅に由来するマインドフルネスのメソッドの隆盛などを鑑みると、現代はますます仏教的な考えやメソッドが有効になっていることを実感する(断っておくと私は特定の宗派を信仰しているわけではない)。  執着を捨てること、禅のように過去でも未来でもなく現在に集中すること、あるいは阿弥陀信仰のように自分の力で救済がなしえるという驕りを捨てること、これらはいずれも変化が激しく、先が見えず、個人の力ではままならない事態がめまぐるしく起こるVUCAの時代を生きる上で、必要な知恵になっている――これまでも天変地異や日照りなどの天候不良、疫病の蔓延、戦乱といったどうにもできないことに巻き込まれたとき、仏教が人々の救いになってきたように。  『夢をかなえるゾウ4』は、夢に向けて情熱を燃やして生きることと、それらが困難になったときなどには夢を捨てて今を受け入れられるようにすること、このふたつの生き方を両方知って切り替えられるようにしよう、と言う。  予測できない世の中で人生を充実させ、幸せを感じるためにどんな生き方/考え方をしていけばいいのか。まさに今求められていることのヒントが詰まっている。

飯田一史

【関連記事】