Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カープ交流戦激闘録〈vo.4・2016-2019年編〉[鈴木誠也ら打撃陣が覚醒]

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 4回にわたりお届けしたセパ交流戦の歴史も、今回でいよいよ最終回(第1回、第2回、第3回)。直近の4年間はリーグ3連覇の3年を含むだけに好成績だけかと思いきや、球団史上最高順位と最下位が同居する悲喜こもごもの結果となった。鈴木誠也の大ブレイクから、昨季のまさかの大失速まで。山あり谷ありの2016年から2019年までを振り返る。 【写真】あのドミニカンも大ブレイク。カープが他を圧倒する打撃力で球団史上最高順位を勝ち取った。 ◆2016年・交流戦3位(18試合11勝6敗1分)【神ってる劇的弾でセ唯一の勝ち越し】  ロッテ、ソフトバンク、日本ハム、楽天との4カードを終えた時点で借金1。2016年の交流戦も中盤まで厳しい戦いを強いられていた。  ところが終盤の2カードで、その印象は一変した。第一歩となったのが6月14日の西武戦だ。コリジョンルール適用による初のサヨナラ勝ちで勢いを取り戻すと、そのまま西武を3タテ。そして直後のオリックス戦で、3戦連続での奇跡が起こることになる。  6月17日に鈴木誠也がサヨナラ本塁打を放ち7年ぶりの交流戦勝ち越しを決めると、翌日も劇的なサヨナラ弾を左中間に叩き込んだ。3戦目も試合を決める決勝弾を放ち、96年の江藤智以来となる3試合連続決勝本塁打を達成。恐怖の6番打者の“神ってる”活躍で、チームはセ・リーグ唯一の勝ち越しを決めた。  勢いはその後も続き、25年ぶりのリーグ優勝につながった。

◆2017年・交流戦2位(18試合12勝6敗)【投打の新星現れ球団史上最高順位】  2017年の交流戦は、初戦から最高の入りを見せた。強力打線で知られる西武を相手に、薮田和樹が交流戦の開幕戦では球団史上初となる完封勝ちを記録。この一戦をキッカケに、先発ローテーションの一角に定着した。  翌日も鈴木誠也が球団通算8000号のメモリアルアーチを放ち、チームは7連勝を達成。6月14日にはオリックス戦で前年の再現となるサヨナラ本塁打を放ち、交流戦単独首位に躍り出ると同時に、2年連続での交流戦勝ち越しを決めた。  ロッテ戦では代打のバティスタが連日の号砲を放ち、分厚い打線をさらに強固なものにした。日本ハム戦は昨年の日本シリーズの借りを返すように、3連勝でリベンジを達成。  6月18日のソフトバンク戦で惜敗し交流戦初優勝は叶わなかったが、球団史上最高順位となる2位で交流戦を終えた。

【関連記事】