Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

内博貴、“初舞台”山口真帆の度胸の良さを称賛「この子はスターになるなって思いました(笑)」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

9月5日、「浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~」が開幕。初日公演を前に、開幕直前取材会が東京・ヒューリックホール東京で開かれ、内博貴、谷村美月、室龍太(関西ジャニーズJr.)、千原せいじ、山口真帆、なべおさみ、湖月わたるが出席した。 【写真を見る】内博貴、谷村美月らが着物姿でオトナな魅力を放った 小説家・太宰治の短編小説「走れメロス」が発表されてから2020年で80年。本作は、若き頃の太宰の多くの作家たちとの友情や彼が愛した女性たちとの葛藤や苦悩を、親友で作家の檀一雄がつづった回想録「小説 太宰治」をベースに、舞台作品として書き下ろしたもの。 太宰を演じるのは、舞台「まさに世界の終わり」以来2年ぶりの舞台単独主演となる内。谷村は小山初代と太田静子の2役に挑み、室は檀一雄役で出演する。 無事に初日を迎えられたことについて、主演の内は「世の中が(新型コロナの影響で)こういう状況ですから僕も前に予定されていた作品が中止になりました。今回は稽古場でも検査をしまして全員陰性だということで初日を迎えられて良かったです」と安堵(あんど)の気持ちを語ると同時に、「コロナが身近になってきた感じがするので、いつ自分がなってもおかしくないという危機感を常に持ちながら稽古をやってました。千秋楽まで気を緩めることなく、気を付けながらやっていきたい」と気持ちを引き締めた。 以前にも文豪(織田作之助)を演じたことのある内。文豪を演じることについては「織田作之助さんを演じた時に『太宰は~』というセリフがあったんです。まさか、その太宰さんを演じるとは思ってなかったので縁があるのかなって勝手に思ってます」とコメント。 室はこの舞台の物語のベースとなった「小説 太宰治」を書いた文豪・檀一雄を演じる。 「この役をやらせていただけるのは光栄です。ストーリーテラー的な立ち位置だと思いますので、しっかり務めたい」と意気込みを語った。 それを聞いて、同じく“文豪”である井伏鱒二を演じる千原は「僕はちょっと文豪寄りですから。ずっと文豪芸人としてやってきたのでやっとこの役が来たか!という感じ」と答えると、内たちが口をそろえて「文豪芸人って(笑)、初耳ですよ!」とツッコむ場面も。 二役に挑戦する谷村は「楽しんでやってます。稽古期間中は自分的に落ち着かなかったんですけど、最近ようやく太田静子さんの『斜陽日記』を読んでみたりして役作りしました」と、本番に向けて準備万端な様子。 太宰が愛した女性・山崎富栄を演じる山口は、本作が舞台初出演となる。「初舞台なので分からないことが多々あったのですが、皆さまのお力添えをいただいて初日を迎えることができたので精いっぱい頑張りたいと思います」と舞台初挑戦の心境を語り、「皆さん、優しかったです」と共演者に感謝の気持ちを伝えた。 「シーンによってすぐに感情が変わったので、その切り替えが大変でした」と舞台の稽古で大変だったことを話したが、内が「僕はすごいなと思ったんです。稽古中、演出家の方が『山口さん、ああして』とか『こうして』とか言うじゃないですか。 そうしたら初舞台の人って『はい、分かりました!』みたいな感じなんです。僕もそうでした。でも、山口さんは肝が座っていて、そう言われても返す言葉が『なるほど』『了解』なんです。それを聞いた時に、この子はスターになるなって思いました(笑)」と稽古時の山口の様子を明かし、その度胸の良さを称賛。 千原も「根性座ってる。バッチバチやで!」と、内の意見に賛同していた。 最後は内が「コロナ対策は万全な状態ですけれども、どうしてもこのご時世ですから『劇場でお待ちしております!』ということは言えないんですが、それでも来てくださる方のために何か与えられるものがあるといいなと思います。 全力でやらせていただきますので、来ていただく際は気を付けて、その中で一つの作品を皆さんと楽しめたらなと思っております」とメッセージを伝え、取材会は終了した。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=田中隆信)

【関連記事】