Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

多彩なコラボも人気の理由「はたらく細胞」次の候補はプロ野球?野球ファン・花澤香菜、始球式案に「あ~、したい!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 “体内細胞擬人化アニメ”として2018年7月の放送以来、人気作となった「はたらく細胞」。2021年1月には第2期、さらに今年9月には特別上映版も決まり、人気が再燃し始めている。第1期放送後も、数々のコラボレーションがあり、コンテンツが継続していた同作に、赤血球役・花澤香菜、白血球(好中球)役・前野智昭も、新エピソードだけでなく新コラボ実現に向けて、気合十分だ。  健康の中でも、体内の「細胞」の働きをテーマにした斬新な作品ということもあり、これまでのアニメ作品とは一風変わったコラボも実現してきたのが「はたらく細胞」だ。日本赤十字社とは、第1期の第1話の先行視聴キャンペーンなど、放送開始前からコラボを実施。放送後では、第1期のエピソードをベースにした「11.5話」を作ったポカリスエットとのコラボも話題になった。  花澤が思い出として語ったコラボが、よしもと芸人とのライブだ。『アニメ「はたらく細胞」presents よしもと健康お笑いライブ~花澤香菜×芸人~』と題して、第1期放送中の2018年8月に実施されたもの。テーマとして、笑うことで細胞が活性化し、免疫力を高めるというものがあった。「よしもとさんとの企画で、誰とコラボしたいかって聞いてくださったんです。だから『じゃあ、ジョイマンさんがいいです!』と言ったら、夢を叶えてくださって(笑)またやりたいなと思います」と、お笑いコラボの“第2期”にも興味津々だ。また「フェスをやった時、みんなでキャラクターに扮してお芝居したのがすごく楽しかったので、それも2期でできたらいいなと思います」と、全身で赤血球になりきる欲求も、再び高まってきた。

 前野は第1期のころから、いろいろコラボを自ら案出しもしてきた。第2期に向けても、聞けばアイディアは次々と出てくる。「たくさん案も出させていただいたことがありました。僕はサンドウィッチのSUBWAYがすごく好きなんです。野菜をたくさん食べられるし。健康つながりでいいのでは、なんてことも言わせていただいたことがありましたね。あと、コンシューマーゲームするのが好きなので、格闘ゲームやRPGで、壮大なゲームをしてみたいなと思います」と目を輝かせた。白血球がゲームの主人公となった暁には、もちろん主な標準装備は、あのダガーなのだろう。  健康というテーマをもとに、多数誕生したコラボ。次なるターゲットはどのあたりか。前野が思いついたのはスポーツだ。「健康というワードが、ものすごくいろんなものに結びついているんです。スポーツとか、体を動かすことが健康にもつながるし、いろいろな可能性を秘めてるんですよ。ぜひプロ野球とかとも、コラボできれば。香菜ちゃんには、ぜひ始球式をしてほしいですね」とボールを投げた。するとプロ野球、特に巨人のファンである花澤の目は、インタビュー当日で一番と言っていいほど、キラッキラに。「あ~、ジャイアンツ…!したい!」と、思わず叫んだ。  問題は、演じる赤血球は文字通りカラーが「赤」ということ。チームカラーで言えば巨人はオレンジで、赤と言えば広島ということ…。果たして花澤の願いは届くのか。 (C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

【関連記事】