Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

倍率は毎週100倍超え “シャープのマスク”はなぜ誕生? いつまで続く?

配信

ITmedia Mobile

 2020年、シャープの製品が大ヒットを果たした。  ITmedia Mobileで取り扱うシャープの製品といえばスマートフォンAQUOSだが、今回取り上げるのは「マスク」。ご存じの通り、“シャープのマスク”が大きな注目を集めている。 第1回~第8回の応募数と抽選倍率  新型コロナウイルス感染症の影響でマスクの品薄が続く中、立ち上がったのがシャープだ。同社は日本政府からの要請を受け、2月28日にマスクの生産を決定。3月31日に日本政府向けに出荷を開始し、4月21日に個人向けに不織布マスクの販売を開始した。  マスクは「SHARP COCORO LIFE」のECサイトでのみ販売しており、価格は50枚入りの1箱あたり2980円(税別、送料別)。先着順としていた当初は想定以上のアクセスが殺到して申し込みができない状態になり、抽選方式を採用している現在も倍率は毎週100倍超え。依然として大きな注目を集めている。  シャープは言わずと知れた家電メーカーだが、なぜ同社がマスクの生産、販売に力を入れているのか。疑問を投げかけてみた。今回は担当者へのインタビューは行っておらず、広報を通じてやりとりした。

なぜシャープがマスクを生産、販売するのか

 マスクの生産を始めた経緯について同社は「日本政府からの要請のもと、日本政府のコロナ対策に懸ける強い思いと、当社がクリーンルームを保有している点がマッチし、話が進展しました。加えて、先に中国でマスクの生産実績がある鴻海からのサポートが期待できました」と話す。  生産拠点として選ばれたのが三重工場だ。ここは液晶ディスプレイを製造する工場だが、「空きスペースとなっていたクリーンルームが、衛生商品であるマスクの生産に適していた」という。クリーンルームとは、ちりやほこりが極めて少ない環境を実現する空間のこと。なお、マスクの生産を開始するにあたり、クリーンルームの空きスペースにマスク生産用の製造装置を新たに導入したが、既存の液晶生産を縮小したわけではないとのこと。  シャープにとって、マスクの生産・販売は初の事業だったことから、「生産、設備、販売など、複数の事業本部、子会社などと横断体制で協力し、マスクの生産・販売に取り組んできた」という。マスクは1日15万枚から生産を開始し、1日50万枚生産を目標に日々、生産量の増強に取り組んでいるが、現在の生産数量は公表していない。

【関連記事】