Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三浦春馬さんは「五代友厚そのもの」 生前最後の映画「天外者」 田中監督が熱演PR

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 7月18日に30歳で亡くなった俳優の三浦春馬さんの生前最後の出演映画となった主演作「天外者(てんがらもん)」(田中光敏監督)の公開が12月11日に決定し、このほど、ポスタービジュアルが公開された。  同作は幕末を舞台にした青春群像劇。タイトルの「てんがらもん」は、鹿児島の方言で「すごい才能の持ち主」を意味する。三浦さんは薩摩藩出身で、大阪商工会議所の初代会頭として経済界の発展に多大なる貢献を果たした実業家の五代友厚役を演じた。  ほかに、五代の盟友・坂本龍馬役を三浦翔平(32)、三菱財閥を築いた岩崎弥太郎役をミュージシャンの西川貴教(50)、初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりしころを森永悠希(24)、五代の良き理解者である妻・豊子を、蓮佛美沙子(29)が演じている。  三浦さん演じる五代が、坂本、岩崎らと新たな時代を切り開く姿を描いた同作。完成したポスタービジュアルでは、りりしい立ち姿の五代が、その力強い視線でしっかり未来を見据えている。  三浦翔平は「クランクイン前には、春馬と何度も読み合わせして、才助(五代の幼名)、利助(伊藤博文の幼名)、弥太郎との関係性を築きあげ、自分なりの新しい豪快な龍馬を思いっきり演じることができました」と振り返りながら「天国で五代さんと一緒に見てくれることを願います」と畏友への思いをはせた。  西川は「春馬、翔平、森永くんをはじめキャスト全員で作品を生き抜いた時間は、かけがえのない瞬間でした」。蓮佛は「作品の中にいる春馬くんは五代友厚そのもので、何より瞳をのぞき込めば、そこに五代の全てがありました。彼が五代として生きたその時間を、作品を、愛してもらえたらと心から願っています」と三浦さんの好演ぶりをアピールした。  田中監督は「ただただ残念なのは三浦春馬くんにできあがった作品を見てもらえなかったことです」と悔やんだ。

【関連記事】