Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

7月からマイナポイント申し込み開始 「手続きが複雑すぎ…」マイナンバーカード普及につながるか?

配信

FNNプライムオンライン

7月1日からマイナポイント申し込み開始

7月1日からマイナポイントの申し込みが始まるのを前に、事業者では準備が進められている。 【画像】申し込みの手順は? スマホ決済の「au PAY」を運営するKDDIは、ショップ内にマイナポイントの登録をサポートできる場所を設置した。 普段は待合スペースとして使われている場所に、マイナポイントの予約ができる端末を新たに設置。 「マイナポイント」の登録ができるのは、ひとつの決済サービスだけ。

KDDIは「au PAY」の登録で1,000円相当付与

KDDIは、決済サービスに「au PAY」を登録した人に追加で1,000円相当のポイントを付与するキャンペーンの実施も29日に発表した。 KDDI・谷幸恵さん: auショップに来た皆さんが待っている時間に操作をしていただけるように、こちらに設置している。特にガラケーをお使いのお客様にご利用いただきたいと思っている。 サポート端末は、全国すべてのショップに設置する。 三田友梨佳キャスター: マイナポイントがどういうものなのかスタジオで整理します。今湊さん。

選べる「決済サービス」は1つだけ

今湊敬樹キャスター: 6月30日でキャッシュレスポイント還元が終了しますが、7月1日からはマイナポイントの申し込みが始まります。一体マイナポイントとは何なのか見ていきます。 マイナポイントとは、マイナンバーカードを持っている人が申し込みをしてキャッシュレス決済をすることでもらえるポイントのこと。 注目は還元率です。 これまでのポイント還元は2%ないし5%でしたが、25%最大5000円分相当のポイントが付与されます。期間は9月から来年3月末までの7ヶ月間となっています。 気になるのは手順です。 マイナンバーカードを持っていることがまず大前提となります。 そして専用IDの設定という手順が次にあります。こちらは家でもできます。 携帯やパソコンでマイナンバーカードごとに割り当てられる専用IDを設定します。 そして最後にポイントをもらう決済サービスの選択です。 交通系のICカード、クレジットカード、バーコード決済など様々な決済サービスがありますが、選べるのは1つだけです。 この1つを選ぶことで申し込みは完了します。 ちなみにこのポイントをもらえるのは大人だけでなく、マイナンバーカードを持っている子供であれば申し込みが可能です。 そしてこのポイント還元を受けられるのは4000万人までとなっています。この人数に達した場合は早めに締め切られる方向ですので、予約を早めにする必要があるかもしれません。 現在、マイナンバーカードの普及率は16.8%。この普及がどこまで進むか注目です。

【関連記事】