Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【セントライト記念】逃げ切ったバビットが重賞2連勝 内田「菊花賞は十分にチャンス」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

◆第74回セントライト記念・G2(9月21日、中山競馬場・芝2200メートル=良)  菊花賞(10月25日、京都)トライアルは12頭によって争われ、内田博幸騎手とコンビを組んだ4番人気のバビット(牡3歳、栗東・浜田多実雄厩舎)が逃げ切り勝ち。前走のラジオNIKKEI賞に続く重賞2勝目を飾った。勝ち時計は2分15秒0。  1馬身半差の2着には1番人気のサトノフラッグ(戸崎圭太騎手)。さらに半馬身差の3着に粘り込んだ2番人気のガロアクリーク(川田将雅騎手)までに優先出走権が与えられた。  内田博幸騎手(バビット=1着)「ラジオNIKKEI賞を勝っていたが、メンバーも1勝クラスが多かったので、フロック気味に思われていたけど、ここでどういうパフォーマンスをしてくれるか楽しみだった。なかなかいいスタミナを持っていて、最後はしぶとい粘りを見せてくれた。楽しみですね。(スタートは)ハナに何回も行っているが、ゲートはおとなしくてサッと行くので、それに自分が合わせただけ。(ペースは)そんなに速くないなと思ったが、中山の馬場は上がりがかかるので、これ以上ラップを速めてもよくないなと思っていた。前回もそうですけど、4コーナーを回ってからスピードに乗ってくれて、そういう走りを馬が覚えているのでしょう。(菊花賞は)折り合いがつくので、この馬のレースができれば十分にチャンスはあると思っている」

報知新聞社

【関連記事】