Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

陛下が稲刈り 各地の収穫の無事も願われ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

天皇陛下は15日、皇居内の水田で、「お稲刈り」をされました。 夏の名残が感じられる汗ばむ陽気の中、陛下が長靴姿で水田に入り豊かに実った稲をカマで刈り取ると、その度にサクッ、サクッと軽やかな音が響きました。陛下の手際のよさには側近も驚いていました。 15日午前、陛下が刈り取られたのはうるち米の「ニホンマサリ」ともち米の「マンゲツモチ」、あわせて20株です。 天皇による皇居での稲作は昭和天皇から始まったものです。陛下は即位した去年5月に上皇さまから引き継ぎましたが、「種籾まき」からの一連の作業を行うのは今年が初めてのことです。 天皇陛下は今年の稲作を終えた感想を次のように寄せられています。 「本年、種籾まき、田植え、そして稲刈りまでの一連の作業を初めて経験することによって、我が国の農耕文化の中心である稲作への思いをより深めることができました。本年は、豪雨等による被害や新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、農業に従事されている皆さんの御苦労もいかばかりかと思います。そうした中、実りの秋を迎え、各地で収穫が無事に行われることを願っております」

【関連記事】