Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

五輪延期で“熟成”が進む!東京2020の表彰状をつくる和紙職人「来年を楽しみにしてください」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレ朝POST

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。 現在は東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して応援している。 今回修造が訪れたのは、岐阜県美濃市。 昔ながらの趣を残すこの街では、東京2020で使用される表彰状が作られている。オリンピック・パラリンピックでは、3位の選手に与えられるメダルのほかに、8位までの選手に表彰状が贈られるのだ。 東京2020の表彰状に採用された美濃市の「美濃手すき和紙」は、1300年以上の歴史を誇り、現在は40人ほどの職人たちが伝統を引き継いでいる。 「ずっと守ってきた美濃手すき和紙の技術が認められたということで、非常にうれしかったですね」と語るのは、職人の鈴木竹久さん。 伝統の技を活かした制作工程を特別に見せてもらった。

◆職人の繊細な技術が光る和紙づくり

美濃手すき和紙の原料は、「コウゾ」と呼ばれる植物で、その表面を削って使う。この原料を美濃市の豊富で綺麗な水にさらし、余分なちりなどを洗い流す。 そして炭酸ナトリウムとともに2時間煮込み、繊維を柔らかくしていく。柔らかくした繊維から取りきれていないちりなどは、職人が一つひとつ丁寧に取り除いていく。 鈴木さんはこの作業が非常に大事だという。ミリ単位の小さなちりも、取りこぼしのないように2度繰り返し行う。 そして、紙すき。特徴は、縦横に動かして紙をすくこと。こうすることで繊維が均一に整い、丈夫で美しい仕上がりになる。まさに職人の繊細な技術があってこそだ。

その後、乾燥させてようやく1枚の和紙が完成。ここまで10日近くの時間がかかるという。東京2020に向けて作られたのは、実に1万7600枚。 修造:「これはメダルと同じぐらいの…選手にとっては“重さ”があると思いますよ」 鈴木さん:「洋紙の場合は表面がツルツルしていますよね。和紙の場合、直接触ったときにやっぱり繊維そのものが出ています。少し感触が違う。その違いを肌で感じていただけるとうれしいですね」

【関連記事】