Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベガルタ仙台ユース 壱岐友輔ヘッドオブコーチング兼監督【後編】「自分でデザインできる時間が多い時ほど、人と差をつけるチャンス」

配信

高校サッカードットコム

 過去にはU-14・15カンボジア代表監督兼U-14・15カンボジアフットボールアカデミー監督の経験を持つベガルタ仙台ユースでヘッドオブコーチング兼ベガルタ仙台ユース監督を務める壱岐友輔氏のインタビュー後編。後編ではカンボジアU-14・15代表監督時代のこと、そして、活動自粛中(新型コロナウィルスの影響を受けて)のチームへの指導について伺った。 【フォトギャラリー】ベガルタ仙台ユース ――壱岐監督は2014年1月から2016年1月までカンボジアU-14・15代表監督を務められていらっしゃいましたが、どの様な2年間でしたでしょうか?(行く前と行った後では、指導に関して変化はありましたでしょうか?)  当初は、サッカー後進国のカンボジアに指導をしに行くという感覚だったのが、いざ、任期を全うする頃には、本当に自分にとって中身の濃い、沢山のことを学ばせて頂いた素晴らしい2年間となりました。私の人生の中にも大きな影響を与えてくれています。  私が携わったプロジェクトは、10年後の東南アジアオリンピック(SEA GAMES)をカンボジアで自国開催し、サッカーで優勝することを目的とした国家プロジェクトで、そのスタートに携われたこと、そして、育成年代とは言え代表監督として国内で優秀な選手を育成し、成果をあげることが出来たことは大きな自信に繋がりました。現在、その携わった選手たちの中には、若干17歳の若さでカンボジアのTOPリーグの得点王となり、フル代表のストライカーとして本田圭佑監督の元、ワールドカップを戦っているSIENG CHAN THEA(チャン・ティア)選手、そしてほかにも、数人の選手がフル代表に選出されました。その活躍している姿を観ると育成指導者として非常に嬉しく思います。  現地では、言葉を覚え、映像を使いながらシンプルに伝えることを一番に考え指導に携わりました。実際に通訳は居たのですが、1年経過した頃には、ミーティングも自分でするようになり、案外、単純なことでも伝わるのだなぁと。そのことで、今まで日本では余計なことも多々言っていたんだなぁと気づかされました(笑)。帰国後は、指導言語もよりシンプルになったと思っています。  それから、個人に対してのスペシャルトレーニングをたくさん取り入れ、日本で指導していた時よりも明らかに「個に特化した指導」が増えました。これは、上記でもお話ししましたが、帰国後も継続して導入し取り組んでいることです。 ――現在ベガルタ仙台ユースも(新型コロナウィルスの影響を受けて)活動自粛中ですが、選手達の過ごし方や取り組みについてはどの様に指導されていますか?  フィジカルコーチが作成した自宅で出来るトレーニング映像を配信し、各選手に取り組ませたり、Webシステムを使ったミーティングを個人、グループに分け実施しています。選手たちには、このご時世、「自分でデザインできる時間が多い時ほど、人と差をつけるチャンスだよ」と伝えています。自己管理を徹底し、今できること、しなければいけないことをしっかりと熟考し、行動を起こせば、日常を取り戻した時に一気に飛躍できると。物事をポジティブに、前向きに考えて行動しようと伝えています。

【関連記事】