Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<フジテレビ>永島優美、宮澤智、宮司愛海ら女性アナ17人のカレンダー発売へ コロナ禍で全編社屋撮影

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 フジテレビ女性アナウンサーのカレンダー第8弾となる「フジテレビ女性アナウンサーカレンダー2021~Welcome to Fujitelevision~」が発売されることが9月14日、明らかになった。永島優美アナ、宮澤智アナ、宮司愛海アナたち計17人の女性アナウンサーのリラックスした表情などが収められている。また、「温かみのあるカレンダーにしたい」という思いが込められており、それぞれのアナウンサーの直筆メッセージも掲載される。 【写真特集】永島優美&新美有加は大人コーデで上品カット、宮司愛海&鈴木唯はメガネ取り入れたインテリカジュアル! 久慈暁子はデート風?

 今回のカレンダーは、三上真奈アナが統括プロデューサー、杉原千尋アナが衣装を担当。撮影は全て、同社屋内で行われた。

 三上アナは、今回のカレンダーについて「今年は、新型コロナウイルス感染症対策を徹底するため、全編社屋での撮影となりました。私たちが普段働いているフジテレビを知ってもらおう! というコンセプトです。フジテレビにはスタジオ以外にこんな場所があるんだ! といろいろな発見をしてもらえるとうれしいです」と語り、カレンダーについては「プロデューサー初挑戦でしたが、衣装担当の杉原千尋アナウンサーや、皆さんに助けてもらい、すてきなカレンダーに仕上がりました」とコメント。直筆メッセージについては「カレンダーをめくる度に、言葉のぬくもりを感じていただき、皆さんと毎日の大切な時間を一緒に刻めたら幸せに思います」と語っている。

 カレンダーの1月を担当した永島アナは、社屋内での撮影について「“全編社屋撮影”と聞き、『これは逆に斬新!』と思いました」とコメント。カレンダーについては「アナウンサーたちの“自然体な素の表情”が見どころです! 社内ということで、みんなリラックスして撮影に臨みました。それぞれのオンエアとは異なる表情にも注目していただきたいです」と話している。直筆メッセージについては「毎朝『めざましテレビ』の最後に心を込めてお伝えしている大切なメッセージを書きました。今は“今日も良い一日をお過ごしください”とごあいさつすることしかできませんが、いつかまた、元気にお見送りできますようにという願いを込めています」と説明している。

【関連記事】