Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

角野亮伍、大阪エヴェッサに加入した逆輸入プレーヤー(前編)「シュート力やセンスでは負けない自信があります」

配信

バスケット・カウント

「先発の4人が自分と同じレベルかそれ以上」

文=丸山素行 写真=大阪エヴェッサ 先日、大阪エヴェッサと契約を交わした角野亮伍は24歳になったばかり。藤枝明誠のエースとして活躍し、2年生の時にはインターハイ準優勝を経験。世代最強スコアラーと称された彼は、高校卒業後にNBAを夢見てアメリカへと渡った。1歳年上の渡邉雄太に続いてセント・トーマス・モア・スクール(プレップスクール)に通い、ディビジョン2のサザンニューハンプシャー大に進学して、5年間アメリカでプレーした。そして今オフ、角野は次なる舞台にBリーグを選んだ。今回は日本に来るまでの歩みを振り返ってもらった。 ──まずは高校卒業後に渡米した経緯を教えてください。 もともとバスケを始めた時からNBAでプレーすることが目標で、どこかのタイミングでアメリカに挑戦したいと思っていました。アメリカに行くコネクションがなかったんですけど、(渡邉)雄太さんの紹介でプレップスクールから声をかけてもらえました。日本の大学を選択する道もあり、実際いくつかの大学に行くことも考えたのですが、アメリカに行くなら早いほうがいいと思って、高校を卒業したタイミングで行きました。 ──当時は世代No.1スコアラーとしてガンガン得点を取るスタイルでした。アメリカでもそのスタイルは変わらなかったですか?  変えるつもりはなかったんですけど、少しづつ変わっていきました。小学校から高校まではずっと僕がエースで、自分を中心としてチームが作られていました。ある意味、役割分担がなくて全部自分がやっていたんです。でも、アメリカでは自分よりも速くて動ける選手がたくさんいて、僕以外の先発の4人が自分と同じレベルかそれ以上という状況でした。 以前は「俺を使わないと勝てないだろう」くらいに思っていましたが、僕がいなくても他の選手でどうにでもなるってことが分かりました。その中でコーチから求められるプレーに徹するようになりました。 ──少なからずアメリカのレベルの高さは予想していたと思いますが、想像以上だったということですか?  もちろん予想はしてたんですけど、当時は自信満々だったので。しかも僕らの代はかなりレベルが高くて、プレップスクールの12人全員が大学に進学して、そのうち9人はディビジョン1に行きました。あと2人はもうNBAにいるんですよ(オマリ・スペルマン、チャーリー・ブラウン)。 それでもプレップスクールの一番最初の試合では僕がチーム最多得点でした。身体能力の差は感じましたけど、シュート力とかセンスでは負けてないって思いました。

【関連記事】