Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

早くもおせち商戦スタート 「巣ごもり需要」狙い“プチぜいたく”ラインナップ【愛媛】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレビ愛媛

テレビ愛媛

今年もあと約2カ月半。松山市内のデパートでは13日、早くも来年のおち商品が発表されました。今年は新型コロナウイルスの感染を防ぐため「取り分けないおせち」が登場しました。 いよてつ高島屋で行われたおせちの発表会では、取り扱う143種類のうち、厳選された約20種類が並びました。 真鍋果夏アナウンサー: 「巣ごもり需要を受けて、おうちでも贅沢なお正月が過ごせるように、今年は特に豪華で華やかなラインナップとなりました」 コロナ禍の今回、登場したのは“取り分ける必要がない”おせち。1段に1人分ずつのメニューを詰めています。 また自宅でお正月を過ごす家庭が多いと予想し、「プチぜいたく」できる価格の高い商品を数多く用意。東京の有名レストランが考案した和洋中3つの味が楽しめる豪華おせちも扱っています。扱う商品の価格帯は1万円~16万円です。 いよてつ高島屋食品担当・日本洋介次長: 「帰省・旅行が少なくなるのが一番大きな変化と捉えている。家でいかに楽しく過ごして頂けるかという観点から、ゴージャスなおせちであるとか、元気で過ごしていける手助けができるような取り組みを進めたい」 このほか人気アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」とコラボしたおせちも登場。世代を超えて楽しんで欲しいとの願いが込められています。 いよてつ高島屋によりますと、おせちの売り上げは年々伸びていて、今年は前の年より5%の売り上げアップを見込んでいるということです。 おせちの予約は14日から12月23日まで受け付けています。

テレビ愛媛