Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石橋貴明のYouTuberデビューに亀田パパ「俺とコラボを!」

配信

SmartFLASH

「お笑い界でトップの地位を築き上げた人やし、第一人者として、いろんなことをやってきた人。俺は、そんな石橋さんがYouTubeをやるのはいいと思うし、めっちゃおもろい企画がいっぱいあると思うわ。俺もコラボしたいな。おもしろい企画を考えるから、俺のチャンネルにも出てもらいたいよな」 【写真あり】亀田パパは、先輩として石橋に助言を贈る  そう “ラブコール” を送るのは、最近ユーチューバーとして女子高生に人気の亀田史郎(55)。「石橋さん」とは、6月19日に公式YouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』をスタートさせた、石橋貴明(58)のことだ。  亀田パパのチャンネル登録者数は、約30万人を誇るが、石橋はスタートしてわずか1週間で、登録者数が42万人を超えた。亀田パパも、こう唸った。 「えぐいよな。やっぱり知名度は、すごいよな。ただ、最初は一気に伸びるんやけど、あとはネタ次第やな。どういうのをやっていくか、が問題よ」  平成の世では、同世代のダウンタウンや、ビートたけし、明石家さんま、タモリを抑えて、もっとも稼いだ芸人といわれる石橋。だが現在、地上波でのレギュラーは『石橋、薪を焚べる』(フジテレビ系)のわずか1本。かつては “テレビの申し子” と呼ばれた男も、このところは凋落ぶりばかりがささやかれてきた。 「とんねるずがテレビで視聴率を稼げなくなったのは、“若い視聴者がついてこなくなった” から。石橋さんが今回、ユーチューバーデビューしたのは、若年層を中心に視聴されている動画メディアで活躍して注目を集めれば、再びテレビで活躍できる可能性もあると考えてのことでしょう」(芸能事務所関係者) “芸能人ユーチューバー” 事情に詳しいITジャーナリスト、井上トシユキ氏も続ける。 「動画メディアは、もともと知名度が高いほど有利なメディア。石橋さんの判断は、賢明だと思います。とはいえ、究極の目的はテレビ復帰でしょうから、そのあたりが配信内容に透けて見えるようなら、逆効果となる危険性もはらみます」  6月18日には、YouTubeより早くツイッターを始めた石橋は、同日出演したラジオ番組で、「1年やってダメなら引退」と決意を明かした。背水の陣で臨む石橋に、ユーチューバーとして先輩になる亀田パパが助言を送る。 「YouTubeやから、“行ききった” ほうがいいのよ。視聴者が『待ってました!』というような。放送事故ギリギリやないけど、結局、そういうことをみんなが求めてんのよ。  俺とか、石橋さんもそうやけど、そういうキャラでやってきてるやんか。だから視聴者は、そういう石橋さんを望んでんじゃないの? 楽しみながらやらんとあかんね」 “1年やってダメなら引退” 発言について、お笑い評論家のラリー遠田氏は「ネタ半分、本気半分だと思います」としたうえで、こう語る。 「石橋さんのスポーツなどへの知識量、情熱、人脈を全部注ぎ込んだら、強力なコンテンツになる。あの世代の芸人の底力を、見せてほしいですね」 “テレビの申し子” の最後の戦いが始まった。 写真・Tsuni/Gamma-USA/アフロ (週刊FLASH 2020年7月14日号)

【関連記事】