Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【一問一答】「 CPRA 」とは?: CCPA より強力な、加州の新プライバシー法案

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

カリフォルニア州消費者プライバシー法(California Consumer Privacy Act:CCPA)は今年ようやく施行されて、違反事案への適用も7月1日に開始されたばかりです。 それにもかかわらず、カリフォルニア州では、年内にふたつめのプライバシー法案が可決されるかもしれません。その名も「カリフォルニアプライバシー権利法(California Privacy Rights Act:CPRA)」です。これは基本的に、CCPAの強化版となっています。 いつもの「一問一答」シリーズで解説します。

──カリフォルニアプライバシー権利法とは、どんな法律ですか?

カリフォルニアプライバシー権利法(CPRA)は、事実上、2018年6月にカリフォルニア州議会で可決された、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の補足条項です。CCPAは2020年1月1日に施行され、カリフォルニア州司法局は同法の適用を7月1日に開始しました。ですがCPRAに関しては、現時点では、住民投票による立法手続きが進行しているにすぎません。カリフォルニア州州務長官は、6月24日、CPRAを11月に予定されている同州の住民投票にかけると発表しました。仮に承認されたとしても、CPRAの施行は2023年1月1日まで猶予されます。ただし、CCPAが施行前年に収集されたデータに遡及適用されたのと同様に、CPRAも2022年1月1日以降に収集されたデータに遡って適用されることになるでしょう。

──カリフォルニア州では、なぜ追加のプライバシー法が必要なの?

CPRAを推進するプライバシー保護団体「カリフォルニアンズ・フォー・コンシューマ・プライバシー(Californians for Consumer Privacy)」は、今年施行されたばかりのCCPAだけでは、自分たちのプライバシーを十分に守れないと考えているのです。のちにCCPAとして成立する法案を住民提案したのも、活動家のアラステア・マクタガート氏率いるこの団体です。新法提案の経緯は彼らがよく分かっているでしょう。

【関連記事】